• ログイン無料アカウント

データインジェスト請求

New Relic Oneの価格設定では、データインジェストは請求要素の1つです。

UIでのデータインジェストの表示

UIで請求および使用状況の情報を検索する方法については、請求関連のUIを参照してください。

データインジェストの計算

New Relic Oneの価格設定モデルでは、「インジェストデータ」とは、さまざまなデータトリミングとデータ変換ルールを適用した後、New Relic組織のために保存されたデータを指します。つまり、New Relicに送信され生データの量ではなく、最終的に実際に保存されたデータのサイズとなります。

以下は、インジェストと請求にカウントされないNew Relicの機能およびデータに関するメモです。

  • 基本的なアラート機能は、請求には含まれません。
  • サードパーティのサービスから報告された応用インテリジェンスデータは請求にカウントされますが、内部で生成されたデータ(NrIncidentEventデータなど)は含まれません。
  • 使用量追跡データ(NrUsageNrMTDConsumptionNrConsumptionなど)は、請求には含まれません。
  • 組織とアカウント管理に関連するデータ (NrIntegrationErrorNrAuditEvent) は、請求には含まれません。

使用量の詳細については、使用量UIを参照してください。

その他の計算の詳細:

  • New Relic Oneの価格設定では、GBは10億バイトとして定義されます。
  • 1か月に投入したデータは、最も近い整数に丸められます。たとえば、アカウントが月に100.9GBを使用する場合は、100GBとカウントされます。

関連ドキュメント:

Copyright © 2022 New Relic株式会社。