• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

エンティティにNerdletを添付する

ユーザーが Nerdlet にアクセスする方法の 1 つは、ランチャーを作成することです。 ランチャーは、New Relic のApps [アプリ]ページから Nerdlet を開きます。 アカウント内のエンティティから Nerdlet へのアクセスを提供することもできます。

このガイドでは、Nerdlet をエンティティに接続する方法を学習します。

あなたが始める前に

まだ行っていない場合:

ナードパックを作成する

CLI を更新します:

bash
$
nr1 update

CLI を使用して Nerdpack を作成します。

bash
$
nr1 create --type nerdpack --name entity-nerdlet

この結果、 entity-nerdletと呼ばれる Nerdpack が作成されます。これは、 entity-nerdlet-launcherと呼ばれるランチャーと、 entity-nerdlet-nerdletと呼ばれる Nerdlet で構成されます。

Nerdpack を提供します:

bash
$
cd entity-nerdlet
$
nr1 nerdpack:serve

https://one.newrelic.com/?nerdpacks=localにアクセスし、 Appsに移動します。

?nerdpacks=local ローカルで提供される Nerdpacks を New Relic に読み込むには、これが必要です。

Your appsの下でランチャーをクリックして、New Relic アプリケーションを表示します。

Nerdletをエンティティに添付する

ランチャーから Nerdlet にアクセスする方法を説明しました。 次に、エンティティから Nerdlet にアクセスします。

Nerdpack のルートディレクトリ内から、 nerdlets/entity-nerdlet-nerdlet/nr1.jsonを開きます。 これは Nerdlet のメタデータ ファイルです。 このファイルを使用して、Nerdlet をエンティティに添付します。

entities配列を持つcontextオブジェクトを追加します。

{
"schemaType": "NERDLET",
"id": "entity-nerdlet-nerdlet",
"displayName": "EntityNerdletNerdlet",
"description": "",
"context": {
"entities": []
}
}
nerdlets/entity-nerdlet-nerdlet/nr1.json

これは、エンティティ コンテキストの配列で Nerdlet を表示することを New Relic に伝えます。

エンティティ コンテキストを追加します。

{
"schemaType": "NERDLET",
"id": "entity-nerdlet-nerdlet",
"displayName": "EntityNerdletNerdlet",
"description": "",
"context": {
"entities": [
{
"domain": "APM",
"type": "APPLICATION"
}
]
}
}
nerdlets/entity-nerdlet-nerdlet/nr1.json

ここで、Nerdlet をAPMドメイン内のすべてのアプリケーションエンティティに接続しました。

APMに移動します。

Nerdpack をローカルで提供しているため、 ?nerdpacks=localクエリ文字列を指定する必要があることに注意してください。

任意のアプリケーションを選択してください。

下にスクロールして、アプリケーションに添付された Nerdlet を確認します。

このメニュー オプションをクリックすると、ランチャーと同じように Nerdlet が表示されます。

entitiesコンテキストを構成する

Nerdlet のnr1.jsonファイル内のcontext.entitiesキーは、Nerdlet をアタッチするエンティティを指定します。

エンティティを指定する domain

domainを次のいずれかの値として指定して、Nerdlet を特定のエンティティ ドメインにアタッチします。

たとえば、Nerdlet をAPMドメイン内のすべてのエンティティにアタッチします。

{
"context": {
"entities": [{ "domain": "APM" }]
}
}

ドメイン内のエンティティを除くすべてのエンティティに Nerdlet をアタッチします。

{
"context": {
"entities": [{ "domain": "!APM" }]
}
}

複数のドメイン内のすべてのエンティティに Nerdlet をアタッチします。

{
"context": {
"entities": [{ "domain": "APM" }, { "domain": "BROWSER" }]
}
}

エンティティを指定する type

typeを次のいずれかの値として指定して、Nerdlet を特定のエンティティ タイプにアタッチします。

  • APPLICATION
  • HOST
  • MONITOR

たとえば、Nerdlet をAPPLICATIONタイプのエンティティすべてにアタッチします。

{
"context": {
"entities": [{ "type": "APPLICATION" }]
}
}

指定されたタイプを除くすべてのエンティティに Nerdlet をアタッチします。

{
"context": {
"entities": [{ "type": "!APPLICATION" }]
}
}

型の配列のいずれかに一致する型を持つすべてのエンティティに Nerdlet をアタッチします。

{
"context": {
"entities": [{ "type": "APPLICATION" }, { "type": "MONITOR" }]
}
}

エンティティを指定 tags

指定されたタグを持つエンティティに Nerdlet を添付します。

たとえば、特定の GUID を持つエンティティに Nerdlet をアタッチします。

{
"context": {
"entities": [
{
"tags": [
{
"key": "guid",
"values": ["<SOME ENTITY GUID>"]
}
]
}
]
}
}

特定のaccountIdを持ち Python プログラミング言語を使用するすべてのエンティティに Nerdlet をアタッチします。

{
"context": {
"entities": [
{
"tags": [
{
"key": "accountId",
"values": ["<SOME ACCOUNT ID>"]
},
{
"key": "language",
"values": ["python"]
}
]
}
]
}
}

フィルターを組み合わせる

Nerdlet を追加するエンティティをフィルタリングするときに、 domaintypetagsを組み合わせることができます。

{
"context": {
"entities": [
{
"domain": "APM",
"type": "APPLICATION",
"tags": [
{
"key": "language",
"values": ["python"]
}
]
},
{
"domain": "SYNTH",
"type": "MONITOR"
},
{
"domain": "BROWSER"
}
]
}
}

この例では、Nerdlet を次の場所に添付しました。

  • メタデータタグが python 言語を指定しているすべてのAPMアプリケーション
  • そしてすべての外形監視モニター
  • そしてすべてのBrowserエンティティ
Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.