• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

ダッシュボードにカスタム視覚化を追加する

ヒント

このレッスンは、New Relic プラットフォームでカスタム視覚化を構築する方法を学習するコースの一部です。

コースの各レッスンは前回のレッスンに基づいて構築されるため、このレッスンを開始する前に、前回のレッスン「設定による視覚化のカスタマイズ」を完了していることを確認してください。

前のレッスンでは、データの表現方法を選択できる設定オプションを視覚化に追加しました。 これは、以前のバージョンのコードとは異なります。チャートの種類は引き続き選択できますが、視覚化のインスタンスを作成する前にのみ選択できるようになりました。 しかし、視覚化のインスタンスを作成するとはどういう意味でしょうか? 視覚化を設定したら、どのように使用しますか?

このレッスンでは、視覚化のインスタンスを作成し、そのインスタンスをダッシュボードに追加する方法を学びます。

ダッシュボードにカスタム視覚化を追加する

Nerdpack のルートディレクトリから、視覚化を公開およびサブスクライブします。

bash
$
nr1 nerdpack:publish
$
nr1 nerdpack:subscribe

重要

Nerdpack を公開するには、Nerdpack の「変更」権限を持つフル ユーザーである必要があります (これはデフォルトで付与されます)。

次に、New Relic Apps オーバーレイで公開された視覚化を見つけます。

New Relic ホームページから、右上のナビゲーション バーにあるApps [アプリ]ボタンを選択します。

Apps [アプリ]ページで、 Custom Visualizations [カスタム視覚化]ランチャーをクリックします。

RadarOrTreemapを選択します。

前のレッスンでは、グラフの種類を選択するために [プラットフォーム設定] パネルを使用するように視覚化を変更しました。

ダッシュボードに追加をクリックします。 次に、使用可能なダッシュボードのリストからダッシュボードを選択するか、 New dashboard [新しいダッシュボード]を選択します。

新しいダッシュボードを作成する場合は、アカウントと名前を選択します。

[ダッシュボードに追加] をクリックします。

ダッシュボードに移動して、カスタム視覚化を確認します。

別のチャート タイプを使用して視覚化の別のバージョンを作成し、同じダッシュボードに追加できることに注意してください。 これが、これらを視覚化のインスタンスと呼ぶ理由です。

視覚化を削除する

視覚化をダッシュボードに追加した後は、編集することはできません。 基礎となるクエリ、アカウント ID、チャートの種類、または以前に構成できたその他のオプションを変更することはできません。 したがって、視覚化に満足できない場合は、ダッシュボードから視覚化を削除し、このガイドの手順をもう一度実行して新しいインスタンスを追加してください。

視覚化の右上隅にある省略記号ボタンをクリックし、 Delete [削除] をクリックします。

視覚化を削除することを確認します。

概要

これで、次の方法がわかりました。

  • New Relic One SDKを使用して新しいカスタム視覚化を作成する
  • SDKと設定オプションを使用して視覚化を構成する
  • ダッシュボードに視覚化を追加する

カスタム視覚化の詳細については、次のリソースをご覧ください。

コース

このレッスンは、New Relic プラットフォームでカスタム視覚化を構築する方法を学習するコースの一部です。 最後までおめでとうございます!

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.