• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

nrdiagによるコンフィグファイル設定の検証

Diagnostics CLI には、Java エージェントの newrelic.yml ファイルに対する詳細な構成設定の検証が含まれています。他のNew Relicエージェントのサポートを依頼するには、 GitHubテンプレート をご利用ください。

nrdiag を通常の方法で (New Relic エージェントがすでにインストールされているアプリケーションを実行しているシステムで) 実行すると、新しい検証が自動的に適用され、警告も自動的に表示されます。

展開例

また、この機能をリンターとして使用し、デプロイ前に設定ファイルを検証することもできます。これを行うには、適切なタスクを実行し、設定ファイルのパスを指定します。

例えば、 newrelic.ymlnrdiag が共にカレントディレクトリにある場合、以下のコマンドを実行して設定ファイルをlintします。

./nrdiag -t Java/Config/ValidateSettings -c newrelic.yml

以下に、不適切な設定の出力例を示します。この場合、 agent_enabled の設定は、 yes という値を持っていますが、Java エージェントは、 true または false という値しか受け付けません。この誤った設定により、エージェントの実行ができなくなります。

Javaエージェントを誤って有効にした場合、Diagnostics CLIは、どの設定を更新する必要があるか、またどのように変更する必要があるかを説明する、次のようなメッセージを返します。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.