• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

nrdiagのコマンドラインオプションを渡す

Diagnostics CLIで以下のコマンドラインオプションを使用するには、次のようにします。

オプション

使用方法

-a

-attach

New Relic アカウントへの自動アップロードのために添付します。これには、お使いの環境で認証されたライセンスキーを使用します。

-browser-url STRING

Diagnostics CLIバージョン1.1.9以上

これを起動すると、ブラウザモニタリングに関連する診断チェックのみが実行されます。このコマンドは、New Relic のブラウザ監視エージェントが存在するかどうかをチェックし、エージェントのバージョン、注入方法 (APM による またはコピー/ペーストによる )、ローダーのタイプ (Pro、Lite、SPA) を返します。イントラネットサイトのトラブルシューティングの際に、New Relic サポートに詳細を提供するために使用します。

-c STRING

-config-file STRING

デフォルトのエージェント設定ファイルの場所を上書きします。デフォルトのフォルダに加えて検索するフォルダ、または特定の設定ファイルへのパスを指定するために使用できます。

-filter STRING

結果ステータスでタスク結果をフィルタリングします。カンマ区切りのリストを受け入れます。 SuccessWarningFailureErrorNone 、またはInfoを受け入れます。構文例:

"Success,Warning,Failure"

-h

-help

コマンドラインオプションの完全なリストを表示します。実行するすべてのタスクを一覧表示するには、 -h tasksを使用します。タイプ:bool

-include STRING

nrdiag-output.zipにファイルまたはディレクトリ(サブディレクトリを含む)を含めます。 4GBに制限します。結果をNewRelicにアップロードするには、 -aフラグも使用します。

例の構文です。

-include ./path/to/file
-include \some\path\

-interactive

タイプ: bool

-output-path STRING

nrdiag-output.zipnrdiag-output.json 、およびnrdiag-filelist.txtの結果を書き込むための別の出力ディレクトリを指定します。デフォルトの場所は./です。

-o

-override STRING

New Relic Supportからの要求に応じて、オーバーライドする引数を渡します。形式: identifier.property=value

例の構文です。

-override Java/Config/Agent.Status=Success
-o Base/Config/Validate.agentlanguage=PHP

-p STRING

-proxy STRING

HTTP接続タスクで使用するプロキシを提供します。 HTTPまたはHTTPSにすることができます。プロキシはhttp(s)://proxyIp:proxyの形式である必要があります。 Diagnostics CLIがエージェント設定ファイルでプロキシを検出すると、デフォルトでそのプロキシが使用されます。ほとんどの場合、 portは必要ありません。 Diagnostics CLIがエージェント設定ファイルでプロキシを検出すると、デフォルトでそのプロキシが使用されます。

-proxy-pw STRING

必要に応じて、プロキシのパスワードを入力します。Diagnostics CLIがエージェント設定ファイルでプロキシを見つけた場合、デフォルトでそのプロキシを使用します。

-proxy-user STRING

必要に応じて、プロキシのユーザ名。Diagnostics CLIがエージェント設定ファイルでプロキシを見つけた場合、デフォルトでそのプロキシを使用します。

-q

クワイエット出力は、高レベルの結果のみを出力し、説明出力は出力しません。 -yも使用されている場合、ファイル追加の警告を抑制します。 -vと矛盾しません。包含フィルターは無視されます。タイプ:bool

-qq

非常に静かな出力では、出力用に1行の要約行のみが出力されます( qを意味します)。 -yも使用されている場合、ファイル追加の警告を抑制します。 -vと矛盾しません。包含フィルターは無視されます。タイプ:bool

-skip-version-check

アプリケーションの新しいバージョンの自動チェックをスキップする。タイプ:bool

-s STRING

-suites STRING

スイートの実行 、特定の製品や課題を対象としたタスクの集まりです。複数のスイートを指定するには、カンマで区切ります。すべてのスイートのリストを取得するには、次を実行します。

./nrdiag -h suites

-t STRING

-tasks STRING

エージェントまたはタスクタイプのいずれかによって、タスクのサブセットのみを実行します。複数のタスクを指定するには、それらをコンマまたはワイルドカード*で区切ります。すべてのタスクのリストについては、以下を実行してください。

./nrdiag -h tasks

-usage-opt-out

この実行について、匿名の Diagnostics CLI ツールの使用状況データを New Relic に送信することを辞退する。タイプ: bool

-v

-verbose

チェック実行時に詳細なログを表示します。デフォルトでは無効です。タイプ:bool

-version

現在の診断CLIバージョンを表示します。これにより、新しいバージョンを確認するように求められ、新しいバージョンが利用可能な場合はダウンロードするように求められます。 -skip-version-checkよりも優先されます。タイプ:bool

-y

-yes

実行中に表示されるプロンプトにyesを応答します。デフォルトでは無効になっています。タイプ:bool

Copyright © 2022 New Relic株式会社。