• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

HTTPのエラーネットワーク障害の解析

モバイルモニタリングの HTTPエラー ページは、モバイルアプリに関連するHTTPエラーやネットワーク障害の理解を深め、エラーを問題の原因となっているサービスに結び付け、実用的なデータをチームで共有するのに役立ちます。

チームメンバー

HTTPエラーページのデータを見て...

マネージャー

エラーや障害の一覧を見ることができるので、モバイルアプリチームとバックエンドチームを連携させ、問題解決に必要なデータを共有することができます。

QAエンジニア

アプリの新バージョンで、以前のバージョンと比べてエラーが急増していないか確認してください。

DevOpsエンジニア

HTTPエラーやネットワーク障害に関連するドメインやURLのリストを見ることができるので、エラーの原因となっているものに焦点を当てたり、アラートにはノイズが多いステータスコードをフィルタリングしたりすることができます。

モバイル開発者

フロントエンドやバックエンドの問題がモバイルアプリに影響を与えているかどうかを確認し、新しいバージョンで対処できるようにします(エラーアラートが鳴らなくても)。

サポートエンジニア

エラーとそのエラーに関連するセッション属性(地理、接続タイプ、デバイス、アプリのバージョン)を表示して、お客様の問題を解決できるようにします。

HTTPエラーページの検索と使用

HTTPエラー のページに行くには2つの方法があります。

  • one.newrelic.com > Mobile > (アプリを選択) > Network > Network errorsに移動します。
  • モバイルモニタリングのモバイルアプリの Overview ページから、 HTTP errors/network failures chart title リンクを選択します。

HTTPエラー ページから、HTTPリクエストとネットワークの障害を調査します。

また、 NRQL アラートを定義することもできます。 クリティカルなサービスのエラータイプに焦点を当てたり、 アプリのデータを照会したりすることができます。

エラーと故障のグループ化、ソート、フィルタリング

これをやりたいなら...。

これを行う...

エラーやネットワーク障害のグループ化やソート方法の変更

Group bySort by のドロップダウンから選択します。デフォルトでは、「Network errors」ページは、 request domain でグループ化され、 errors and failures でソートされます。

特定のエラーやネットワーク障害のフィルタリング

Errors and failures リストからエラーまたは故障を選択、および/または Filter ドロップダウンから複数のフィルタを選択します。

適用したフィルタの確認やフィルタの削除

選択したフィルターは、フィルタードロップダウンの横に表示されます。フィルターをクリアするには、クリアしたいフィルターの横にある X を選択します。

タイムウィンドウの変更

Time picker のドロップダウンから新しい期間を選択します。

特定のアプリバージョンの情報を見る

Versions ドロップダウンで、チャートやリストを見たいバージョンを選択します。

HTTPエラープロファイル

エラープロファイルは、HTTPエラーイベントの異なる値の頻度の著しい違いについて、視覚的な詳細を提供します。各 属性 について、エラープロファイルには以下が含まれます。

  • 誤差の属性が最も乖離している値にどのように分布しているかを示す円グラフ
  • エラー属性の分布を他のエラーの分布と比較した表

これにより、モバイルアプリケーションのHTTPエラーを解決するための推測作業を減らすことができます。エラーを無視してよいのか、新しいデプロイメント、コードの変更、顧客とのコミュニケーションなどでエラーの解決を図るべきなのかを、より簡単に判断することができます。

特定のエラーの詳細を表示する

エラーや障害の詳細を表示するには、 Request URL のリンクを選択して、 Error summary ページに移動します。 Error summary ページでは、バージョン情報、リクエスト属性、 Response bodyを確認できるほか、リクエストURLのエラータイプの内訳も確認できます。

クエリビルダーによるエラーデータの表示と共有

HTTP errors/requests ページに掲載されているチャートやリストの背後にあるデータを調べるには、このページをご覧ください。

  1. を任意のチャートに選択します。

  2. View query を選択し、次に View in Insights を選択します。これで、クエリビルダが開きます。

クエリビルダーからは、エラーデータをダッシュボードに追加したり、 パーマリンクで共有することができます

エラーデータをより深く掘り下げるために、 データ に以下のイベントや属性を照会します。

レガシーHTTPエラーUIページの表示

Enterprise レベルのサブスクリプションを持っていないアカウントには、別の HTTP Errors UI ページが表示されます。

Errors ページには、ホストのHTTPエラー(403、404、422、500、502など)やネットワーク障害の詳細が記載されています(例:ネットワーク障害)。

  • 安全な接続に失敗
  • タイムアウト
  • ホストが見つからない
  • インターネットに接続されていない
  • ホストへの接続ができない

エラーのページを見る

モバイルアプリのHTTPエラーやネットワーク障害を表示するには、次のようにします。

  1. one.newrelic.com > Mobile > (アプリを選択) > Network > Errorsに移動します。
  2. 表示をエラーや故障に変更するには、 「Sort by 」オプションを選択します。
  3. 使用率の低いホストを隠すには、 Hide< 1% throughput オプションを選択します。
  4. 情報をアプリの特定の バージョン に限定したり、期間を変更したりするには、 バージョン メニューまたはメニューバーの下にある タイムピッカー から選択してください。
  5. 特定のホスト、HTTPステータスエラー、またはネットワーク障害の詳細を表示するには、その名前を選択します。

当社の標準的な ユーザーインターフェース機能 を使って、詳細な情報にドリルダウンすることができます。

エラートレースの詳細

モバイル監視では、400または500レベルのステータスコードを返すHTTPリクエストの応答詳細をキャプチャします。また、Androidアプリで発生したエラーメッセージには、スタックトレースが含まれます。

Errors ページでエラートレースの詳細を表示するには、そのリクエストURLリンクを選択します。ここから、以下のことができます。

  • レスポンスボディを表示します。
  • エラーの詳細をメールで他の人と共有する。
  • エラーを削除または非表示にします。

エラーチャートは、選択したモバイルアプリの Overview ページにも表示されます。チャートにエラーが表示されている場合、その HTTPエラー/ネットワーク障害 タイトルを選択するか、概要ページのチャートのどこかを選択すると、この エラー ページに直接移動できます。

クエリビルダでエラーデータを表示

リクエスト データをさらに掘り下げるには、クエリ ビルダーを使用して、 MobileRequestイベントと属性をクエリし、グラフ化します。

不明なエラーやURLのエラー

モバイル エージェントは、例外タイプのリストを維持します。場合によっては、アプリケーションによってスローされるカスタム例外がこのリストに含まれないことがあります。この場合、モバイルエラーページにUnknownが表示されることがあります。

エラーのリストにUnknownが見つかり、どの例外タイプが見落とされているかを調査する際にサポートが必要な場合は、 support.newrelic.comでサポートを受けてください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.