• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

OpenTelemetry: [グループ エラー] タブ

Group errors [グループ エラー]タブを使用すると、エラーを動的にフィルタリングしてグループ化し、より詳細な分析を行うことができます。 グループ エラーは、OpenTelemetry エラーが発生している場所を示し、根本原因の特定に役立つツールを提供します。

次のスパンは、 Errors Inbox UI にエラー イベントとして表示されます。

  • otel.status = ERRORおよびspan.kind = serverまたは consumer
  • otel.status = ERROR ' かつkind = serverまたは consumer

これらのスパンは、個別のエラー インスタンスとして扱われます。

one.newrelic.com > All capabilities> APM & Services > (サービス - OpenTelemetry アプリを選択) > Errors ( Errors Inbox ) > Group errors に移動して、 OpenTelemetry グループのエラーを確認します。

エラー一覧表示

まずエラー率グラフから始めて、予期しないスパイク、ディップ、または一般的なエラーのパターンがあるかどうかを一目で確認します。 同じ期間に発生した上位 5 つのエラー チャート アラートの一般的なパターンを関連付けることができます。

  • Dynamic grouping [動的グループ化]: エラー発生のデフォルトのグループ化は、 error.group.nameerror.group.messageに基づいています。 グループ化オプションは、任意のプロパティごとに、一度に最大 5 つの属性を変更できます。
  • Filtering [フィルタリング]: New Relic の多くの顧客にインストゥルメントされたカスタムアトリビュート。 特定のカスタムアトリビュートをフィルタリングすると、すべてのエラー発生のノイズをすばやくカットできます。

エラープロファイル

エラー プロファイルにより、指定された期間中に頻繁に影響を受けたユーザーが明らかになります。 ユーザー属性を CSV としてダウンロードしたり、個々の行を選択して詳細な内訳を調べたりできます。 これらのインサイトを活用して、バグ修正に優先順位を付け、アプリケーションの安定性を向上させます。

one.newrelic.com > すべての機能> APM とサービス > (サービス - OpenTelemetry アプリを選択) > エラー ( Errors Inbox ) > Group errors > View Profiles に移動して、 OpenTelemetry エラー プロファイルを表示します。

エラーの詳細ビュー

このページでは、共有フィンガープリントを持つ固有のエラー インスタンスのセットを表す個々のエラー グループを調査できます。 たとえば、特定のホスト グループからのエラー スパイクが発生した場合、詳細ビューでコンテキストが豊富なインサイトが提供されます。 その後、右上隅にあるトグルを使用してグループ内の特定のインスタンス間を移動し、最初、最後、または中間の出現を調べることができます。

発生タブ

Occurrences [発生] タブには、エラーの頻度、発生の詳細、スタック トレースだけでなく、問題切り分け情報も含まれます。

トリアージ部門

トリアージ セクションでは、特定のエラーの発生を、一意のフィンガープリントを使用してシステムが作成したエラー グループに関連付けます。 固有のフィンガープリントを使用すると、ステータスの更新または割り当てを使用してエラー グループを優先順位付けできます。 システムによって作成されたエラー グループは、[問題切り分け] タブに表示されます。 エラー グループの生成方法の詳細については、エラー グループの仕組みに関するドキュメントを参照してください。

one.newrelic.com > すべての機能> APM & Services > (サービス - OpenTelemetry アプリを選択) > Errors ( Errors Inbox ) > Group errors > (エラー グループをクリック) > Group errors details age に移動します、OpenTelemetry グループのエラーを優先順位付けします。

ディストリビューティッド(分散)トレーシング

ディストリビューティッド(分散)トレーシングを設定していて、エラーに関連するサンプリングされたトレースがある場合は、トレースの詳細を表示するオプションが表示されます。 これは、メインのディストリビューティッド(分散)トレーシング ページに移動せずにトレース情報を表示する簡単な方法です。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.