• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

コンテキスト内の Java エージェント ログ

Java エージェントを使用すると、 logs in contextを取得でき、他の New Relic データのコンテキストでアプリのログを表示できます。 この機能の一般的な情報については、 「APM ログのコンテキスト」を参照してください。

ヒント

Java ログがたくさんありますか? それらを最適化および管理する方法については、チュートリアルをご覧ください。

コンテキストオプションの自動ログ

サポートされているフレームワークを使用している場合、コンテキスト内で APM ログを構成して、アプリのログとリンク メタデータを New Relic に自動的に送信する 2 つのオプションがあります。1 つのオプションは、ログを装飾するログ拡張機能を手動で構成し、それを自分自身に転送することです。もう 1 つのオプションは、Java エージェントがログの装飾と転送を自動的に処理するようにすることです。コンテキスト内の自動ログでサポートされているフレームワークには、次のものがあります。

  • Log4j1 1.2.17 以降
  • Log4j2 2.6 以降
  • ログバック1.1以降
  • 7 月 (java.util.logging)JDK8+
  • JBoss Logging 1.3.0.Final から 2.x
  • Dropwizard Logging (Logback インストルメンテーション経由で取得、以下の既知の問題を参照)

重要

JBoss ロギング

JBoss Logging は、ローカル装飾機能を JUL 計測に委譲するため、次の 2 つの計測モジュールによって完全に制御できます。

class_transformer:
com.newrelic.instrumentation.java.logging-jdk8:
enabled: true
com.newrelic.instrumentation.jboss.logging:
enabled: true

重要

Dropwizard のログに関する既知の問題

デフォルトでは、Dropwizard はログ バックエンドに Logback を使用します。また、すべての java.util.logging、Log4j、および Logback による Apache Commons Logging の使用。このルーティング動作により、Java エージェントが Logback の計測に加えて、これらの他のロギング ライブラリのいずれかを計測する場合、重複したログが New Relic に報告される可能性があります。

Dropwizard ログの使用時に重複したログが報告されるのを避けるために、Logback を除くすべてのログ フレームワーク インストルメンテーションを無効にすることをお勧めします。 これは、エージェント構成ファイルのclass_transformerセクションで実行できます。

class_transformer:
com.newrelic.instrumentation.logback-classic-1.2:
enabled: true
com.newrelic.instrumentation.apache-log4j-1:
enabled: false
com.newrelic.instrumentation.apache-log4j-2:
enabled: false
com.newrelic.instrumentation.java.logging-jdk8:
enabled: false
com.newrelic.instrumentation.jboss.logging:
enabled: false

重要

エージェントリリース7.7.0以降では、デフォルトでエージェント設定ファイルでこの機能が有効になっています。

サポートされているフレームワークが検出されると、エージェントのログ転送によりデータの消費量が増加します。この量は、アプリケーションとそれが生成するログの量によって異なります。この機能は無効にすることができます。オプションの詳細については、 「自動ログを無効にする」を参照してください。

すでにログ転送ソリューションを導入している場合は、この機能を無効にする必要があります。

Java エージェントにログを転送させるのではなく、独自のログ フォワーダーを使用したい場合は、トレース コンテキスト メタデータでログを装飾するための コンテキスト ソリューションの手動ログが 適切なソリューションになります。

このドキュメントはインストールの役に立ちましたか?

データを保護する

ログには、HIPAAまたはその他のコンプライアンスプロトコルによって保護されている機密情報が含まれている場合があります。デフォルトでは、クレジットカードや社会保障番号などのアイテムのように見える番号パターンを難読化しますが、追加情報をハッシュまたはマスクする必要がある場合があります。

詳細については、難読化の式とルールに関するドキュメントを参照してください。 New Relic UIを使用するか、GraphQL APIであるNerdGraphを使用して、ログデータをハッシュまたはマスクできます。

データを調べる

ログデータを最大限に活用するには:

  • APM

    Summary

    ページで、

    Web transaction time

    チャートをクリックして、特定の時点に関連付けられたログを表示します。

  • アプリの

    Errors inbox

    をチェックして、エラーに関連するログを表示します。

  • 分散トレースを使用して、個々のトレースに関連付けられているログを確認します。

  • ログ UIを使用して、プラットフォーム全体でさらに多くのログ データを探索します。

  • ログ出力と重大度に基づいてアラートを設定します。

  • ログデータ専用のUIを使用してデータをクエリし、結果を含むダッシュボードを作成します。

トラブルシューティングのヒント

通常、コンテキストでログを有効にしてから 1 分以内にログが表示され始めます。 アプリのTriage > Logsセクションを確認してください。 また、そこにエラーに関連するログパターンも表示され始めます。

エラーまたはトレースのログが表示されない場合は、アプリにログがない可能性があります。 UIページを更新するか、選択した期間を変更してみてください。

自動ロギングを無効にする

APMログ イン コンテキストは エージェント ログ データを自動的に転送し、デフォルトで有効になっています。 これにより、セキュリティ、コンプライアンス、課金、システム パフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。 自動ログを無効にするには:

  1. New Relic UI のユーザー メニューから、

    Manage your data > Log settings

    をクリックします。

  2. アカウントの行の右側にある省略記号

    ...

    メニューをクリックします。

  3. 確認ボタンをクリックして、自動ロギングを有効または無効にしてロックまたはロック解除するか(親アカウント)、有効または無効のみ(子アカウント)にします。

詳細について、またはデフォルト設定を調整する必要がある場合は、自動ログを無効にする手順に従ってください。

コンテキストオプションの手動ログ

言語エージェントがログを転送および装飾できるようになる前は、手動ソリューションを使用してリンクメタデータを送信できました。

このオプションは引き続きサポートされていますが、おすすめしません。また、この方法では、コンテキストでログを有効にする前に、ログフォワーダーをインストールする必要があります。ログフォワーダーがない場合は、NewRelicUIでインフラストラクチャエージェントを使用するように求められます。

既存のログ転送ソリューションを使用し、後でエージェントを更新してコンテキスト内の自動ログを使用することにした場合は、必ずdisable your manual log forwarderを実行してください。 そうしないと、アプリは二重のログ行を送信することになります。 アカウントによっては、二重請求が発生する可能性があります。 詳細については、特定のログフォワーダーを無効にする手順に従ってください。

手動プロセスを使用してJavaのコンテキストでログを設定する必要がある場合は、次の手順に従います。

  1. NewRelicでのロギングをすでに設定していることを確認してください。これには、アプリケーションログを収集し、NewRelicに転送されるメタデータを拡張するサポートされているログフォワーダーの構成が含まれます。
  2. 最新のJavaエージェントバージョンをインストールまたは更新します。コンテキスト内のログには、 Javaエージェントバージョン5.6.0以降を使用してください。
  3. JVM引数-javaagent有効にし、分散トレースを有効にします。
  4. 必要に応じて次の拡張機能のいずれかを使用して、Javaのコンテキストでログを構成し、ログデータを強化します。SpringまたはSpringBootを使用していて、必要な拡張機能がわからない場合は、 Springのドキュメントを参照してください。
Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.