• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

インフラストラクチャエージェントを使用してログを転送する

インフラストラクチャ監視エージェントを使用して、ログをNewRelicに転送できます。これにより、すべてのログデータを1つの場所で利用できるようになり、アプリケーションとプラットフォームのパフォーマンスデータの両方をより詳細に把握できるようになります。

ログをNewRelicに転送すると、ログデータを収集、処理、探索、クエリ、アラートするための拡張ログ管理機能が提供されます。アプリとホストのコンテキストでのログが問題の根本原因を見つけるのにどのように役立つかを確認するには、この短いビデオ(約3:40分):

基本的なプロセス

インフラストラクチャ監視エージェントを介してログを転送するには:

  1. まだ作成していない場合は、NewRelicアカウントを作成します。それは永遠に無料です。
  2. ログの構成に必要なシステム要件を確認します。
  3. インフラストラクチャエージェント、バージョン1.11.4以降がインストールされていることを確認してください。(UIでガイド付きインストールを使用する場合は、次の手順をスキップしてください。)
  4. インフラストラクチャエージェントのlogging.dディレクトリにlogging.yml構成ファイルを作成します。
  5. ログソースとその他のパラメータを設定します。
  6. トラフィックを生成して数分待ってから、アカウントのデータを確認してください
  7. ログUIでログデータを調べ、インフラストラクチャエージェントによって自動的に挿入されたログ属性を利用します。

ホストのUIのログの例を次に示します。選択した期間のイベントのコンテキストでログを表示し、強調表示された属性の詳細データにドリルダウンできます。さらに詳細なデータを調べるには、クエリを実行するか、[ログで開く]をクリックします。

これは、イベントに関連するコンテキストでのホストのログの例です。

オンホスト統合のログを有効にする

インフラストラクチャエージェントをインストールすると、最も一般的なオンホスト統合の自動ログ解析と転送を1つのステップで有効にできます。この機能を有効にするには、 on-host-log.yml.exampleファイルの名前をon-host-log.ymlに変更します。完了すると、統合のログが自動的に解析され、NewRelicに送信されます。

このオプションは、サポートされているLinuxプラットフォームで使用できます。

オンホスト統合ログ転送機能を有効にするには:

システム要求

インフラストラクチャエージェントのログフォワーダーを使用するには、次の要件を満たしていることを確認してください。

  • インフラストラクチャエージェントバージョン1.11.4以降。
  • 流暢なビット。インフラストラクチャエージェントは、すでに最新バージョンをインストールしています。特定のバージョンに更新またはダウングレードするには、FluentBitのインストール手順を参照してください。
  • OpenSSLライブラリ1.1.0バージョン1.16.4以降のインフラストラクチャエージェントには、またはそれ以上が必要です。
  • LinuxシステムでのARM64アーキテクチャ(AWS Gravitonアーキテクチャなど)の組み込みサポートがインフラストラクチャエージェント1.20.6に追加されました。

重要

ログ転送機能は、インフラストラクチャ監視エージェントのDockerコンテナではサポートされていません。

ログ転送機能は、次のオペレーティングシステムと互換性があります。

オペレーティング·システム

サポートされているバージョン

Amazon Linux

Amazon Linux 2

CentOS

バージョン7以降

Debian

バージョン9(「ストレッチ」)以降

例外:バージョン11はサポートされていません。

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)

バージョン7以降

SUSE Linux Enterprise Server(SLES)

バージョン12

Ubuntu

バージョン16.04.x、18.04.xおよび20.04.x(LTSバージョン)

ウィンドウズ

Windows Server 2012、2016、2019、2022、およびそれらのサービスパック。

ウィンドウズ10

インフラストラクチャエージェントをインストールします

バージョン1.11.4以降、インフラストラクチャエージェントはログをNewRelicに転送できます。エージェントをインストールして実行するには、 パッケージマネージャー(Linux)またはMSIインストーラー(Windows)を使用します。

重要

LinuxtarballまたはWindowsZIPインストールを使用してインフラストラクチャエージェントが実装されている場合、ログ転送機能は含まれていません。

次のリンクを使用するには、NewRelicアカウントにログインしていることを確認してください。

Amazon Linux
Amazon Linux
CentOS
CentOS
Debian
Debian
Red Hat
RHEL
SLES
SLES
Ubuntu
Ubuntu
Windows
Windows

New Relicアカウントをまだお持ちでない場合、または手順を手動で実行する場合は、 チュートリアルを参照してパッケージマネージャーをインストールしてください。

Linuxtarballを使用してインストールされたエージェントでログ転送を有効にする

インフラストラクチャ監視用のカスタムLinuxインストールプロセスを使用すると、インストールプロセスのすべての側面を調整し、ファイルとフォルダーをマシンに配置できます。支援または手動のtarballインストールプロセスを選択した場合は、次の手順に従ってログフォワーダー機能を実装します。

  1. 次のディレクトリを作成します。
  • /var/db/newrelic-infra/newrelic-integrations/logging
  • /etc/newrelic-infra/logging.d
  1. 次のようなコマンドを実行して、New Relicのfluent-bit-package(RPM)をダウンロードしてインストールします。

    bash
    $
    yum localinstall td-agent-bit-<some-version>.rpm`
  2. New Relicのfluentbitプラグインをダウンロードし、 /var/db/newrelic-infra/newrelic-integrations/logging/out_newrelic.soとして保存します。

  3. このGithubリポジトリからparsers.confファイルをダウンロードまたはコピーし、 /var/db/newrelic-infra/newrelic-integrations/logging/parsers.confとして保存します。

While you wait for your data to come in...

Did this doc help you install?

インフラストラクチャエージェントを構成する

構成ファイルは、転送されるログソースを記述します。インフラストラクチャエージェントは、 .ymlファイルを使用してログを構成します。必要な数の構成ファイルを追加できます。

ログ転送機能の新しい構成ファイルを追加するには、次のようにします。

  1. ログフォワーダー構成フォルダーに移動します。

    • Linux: /etc/newrelic-infra/logging.d/
    • ウィンドウズ: C:\Program Files\New Relic\newrelic-infra\logging.d\
  2. logging.yml構成ファイルを作成し、必要なパラメーターを追加します。logging.dディレクトリには、参照または開始点として使用できるさまざまな.yml.exampleファイルがあります。

    ヒント

    UI の [データの追加]からインフラストラクチャ エージェントをインストールすると、ファイルlogging.ymlが自動的に作成されます。

エージェントは、インフラストラクチャ監視サービスを再起動しなくても、新しい構成ファイルを自動的に処理します。これに対する唯一の例外は、カスタムFluentBit構成を構成する場合です。

ログ転送パラメータ

インフラストラクチャログ転送.yml構成は、次のパラメーターをサポートします。

名前(必須)

まず、NewRelicに転送する1つまたは複数のログのnameを定義します。

ログソース(必須)

ログソースに何を使用するかは、ログの転送元によって異なります。利用可能なオプションは次のとおりです。

オプション構成

次の構成パラメーターは必須ではありませんが、それでも推奨されます。

サンプル構成ファイル

YAML形式のlogging.d/構成ファイルの例を次に示します。その他の構成例については、インフラストラクチャエージェントリポジトリを参照してください

ログデータを表示する

すべてが正しく構成され、データが収集されている場合は、次の場所にログと関連するテレメトリデータが表示されます。

  • New Relic UI で選択したホストの概要ページ: one.newrelic.com > ExplorerまたはInfrastructure > Hosts > (エンティティを選択) > Logsに移動します。
  • NewRelicのログUI
  • NRQLクエリを実行するための新しいRelicツール。たとえば、次のようなクエリを実行できます。
SELECT * FROM Log

トラブルシューティング

ログフォワーダーの構成で問題が発生した場合は、次のトラブルシューティングのヒントを試してください。

次は何ですか?

Logs UIを使用して、プラットフォーム全体のログデータを調べます。

ログ転送を無効にする

ログ転送機能を無効にするには、 logging.dディレクトリに移動し、構成プロセス中に最初に追加された.yml拡張子のファイルを削除します。

  • Linux: /etc/newrelic-infra/logging.d/
  • ウィンドウズ: C:\Program Files\New Relic\newrelic-infra\logging.d\
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.