• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

最初のアラートの作成

シンプルなアラートの作成方法を学ぶことは、New Relic アラートと応用インテリジェンス機能の学習を開始する良い方法です。

始める準備はできましたか? NewRelicアカウントを持っていることを確認してください。それは永遠に無料です!

アラートの概念

アラートを作成する前に、 アラートの概念と用語を確認してください。

グラフから NRQL アラート条件を作成する

アラートを開始する最も簡単な方法は、New Relic チャートのアラートを作成することです。このルートはNRQL アラート条件を最初から作成するのと同じであることに注意してください。ただし、グラフには作業用の NRQL クエリが既に含まれているだけです。

アラート条件は、通知を受け取りたい内容を記述し、クエリとしきい値の 2 つの属性のみを必要とします。クエリは、重要なデータを定義し、何について通知するかを決定します。しきい値によって、いつ通知されるかが決まります。

チャートからアラート条件を作成するためのいくつかの手順を次に示します。この手順の下には、NRQL アラート条件を作成するための詳細なヒントがいくつかあります。

  1. APM スループット チャート (または NRQL クエリから作成された別のチャート) に移動します。そのグラフの...アイコンをクリックし、[アラート条件の作成] をクリックします。そこで手順を完了します。ヒントについては、以下の「NRQL アラートを作成する」セクションを参照してください。これを新しいポリシーに追加する可能性があります。これらのオプションのヒントについては、 アラート ポリシーのドキュメントを参照してください。
  2. 条件が満たされたら、アラート違反を通知に変換する方法を制御するワークフローを設定します。one.newrelic.com > Alerts and AI > Workflowsに移動します。これを使用するためのヒントについては、 ワークフローのドキュメントと、ワークフローのベスト プラクティスに関するこの投稿を参照してください。
  3. 1 つまたは複数の宛先を設定します (通知が送信される場所)。Alerts and AIから、 Destinationsをクリックします。ヒントについては、宛先のドキュメントを参照してください。

次のステップのアイデア:

  • 上記の手順について混乱している場合は、NRQL アラート条件を作成するためのヒントを読み続けてください。
  • 推奨される APM アラートについてお読みください。

NRQLアラート条件を作成する

独自のNRQL クエリを作成し、それを NRQL アラート条件のベースとして使用できます。次に、条件を作成する方法について説明します。

ステップ1:クエリを書く

NRQL クエリを使って、自分の環境のパフォーマンスに関するデータを返すことができます。そして、そのクエリから条件を作成することができます。

この例では、各ホストのCPU使用率(クエリ)に対して条件を作成し、CPU使用率が0.7%(閾値)を超えた場合に通知を行います。一般的には、1%以下のしきい値を使用することはありませんが、この例ではしきい値を設定する方法を簡単に示しています。

UI のすべての機能セクションでNRQL クエリ ビルダーを見つけます。

one.newrelic.com > Query builder : クエリ ビルダーを使用して、NRQL クエリの作成を開始します。有効なクエリを作成したら、それから条件を作成できます。

条件は各ホストのCPU使用率を表示します。このNRQLクエリ、または監視対象に関連した同様のものを使用して、条件を作成します。

このクエリは、環境内の平均的なCPU使用率を見つけ、それを個々のホスト名ごとに分けます(ファセット)。

有効な NRQL クエリを作成したら、それを実行します。次に、 Create alert をクリックします。

NRQL構文の詳細 他の有用なクエリを作成するために。

ステップ2: NRQLの条件に名前をつける

NRQL条件に意味のある名前をつけてください。

ステップ3: 条件のしきい値を設定する

重大および警告のしきい値を設定して、環境のパフォーマンスについていつ通知を受けるかを決定します。

  • アラート条件のクリティカルしきい値はオプションです。
  • 警告のしきい値 はオプションです。これらのしきい値は、クリティカルしきい値のようにインシデントを作成したり、通知したりしません。重要なしきい値がインシデントを開き、通知する場合、その後に作成された警告しきい値の違反はレポートに含まれます。

Set your condition thresholds セクションのこの例では、重要なしきい値(赤)は、CPU使用率が少なくとも5分間にわたって0.7%を超えたホストをチェックします。また、CPU使用率が0.67%を超えたホストが5分以上存在する場合には、警告しきい値(黄色)が追加されます。

閾値を入力すると、グラフ上に閾値の線が表示されます。

ステップ4:ポリシーの作成

最後に、既存のポリシーに条件を追加するか、新しいポリシーを作成します。

新しいポリシーを作成する際に、ポリシー、条件、または違反ごとに違反をグループ化することができます(これにより、違反ごとにインシデントが作成されます)。これらの インシデント設定 設定は、違反があったときに通知される頻度を決定します。

次は何ですか?

次のステップのアイデア:

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.