• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Google Cloud Dataflowモニタリングの統合

New Relic の統合 には、GCP Dataflow のデータを弊社製品に報告するための統合があります。ここでは、この統合を有効にする方法と、どのようなデータを収集するのかを説明します。

統合を有効にする

統合を有効にするには、標準的な手順に従って GCP サービスを New Relic に接続してください。

設定およびポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

デフォルト ポーリング GCP Dataflowインテグレーションの情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分

データの検索と使用

統合データを探すには、 one.newrelic.com > Infrastructure> GCP にアクセスし、統合を選択します。

データは、以下の イベントタイプ に添付されます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

ジョブ

GcpDataflowJobSample

GcpDataflowJob

データの利用方法については、 統合データの理解と利用 を参照してください。

メトリックデータ

このインテグレーションは、JobのGCP Dataflowデータを収集します。

データフロー ジョブデータ

メトリック

ユニット

説明

job.BillableShuffleDataProcessed

バイト

このDataflowジョブで処理されたシャッフルデータの請求可能バイト。

job.CurrentNumVcpus

Count

このDataflowジョブが現在使用しているvCPUの数です。これは、現在のワーカー数に、ワーカーあたりのvCPU数をかけたものです。

job.CurrentShuffleSlots

Count

このDataflowジョブが使用している現在のシャッフルスロット。

job.DataWatermarkAge

すべてのデータがパイプラインで処理されるまでの年齢(イベントのタイムスタンプからの時間)です。

job.ElapsedTime

このパイプラインの現在の実行が、これまでに「実行中」の状態にあった時間を秒単位で表します。ランが完了すると、次のランが開始されるまで、この値はそのランの継続時間のままです。

job.Elements

Count

これまでにpcollectionに追加された要素の数。

job.EstimatedBytes

バイト

これまでにpcollectionに追加されたバイト数の推定値。Dataflow は、pcollection 内の要素の平均エンコード サイズを計算し、それを要素数で割り算します。

job.IsFailed

Count

この仕事は失敗しました。

job.PerStageDataWatermarkAge

パイプラインのこのステージですべてのデータが処理されるまでの年齢(イベントのタイムスタンプからの時間)。

job.PerStageSystemLag

パイプラインのステージごとに、データのアイテムが処理中または処理待ちの状態にある現在の最大時間(秒)。

job.SystemLag

データのアイテムが処理中または処理待ちである現在の最大時間を秒単位で表します。

job.TotalMemoryUsageTime

その他

このDataflowジョブに割り当てられたメモリの合計GB秒です。

job.TotalPdUsageTime

その他

このDataflowジョブに関連するすべてのワーカーが使用するすべてのパーシステントディスクの合計GB秒。

job.TotalShuffleDataProcessed

バイト

このDataflowジョブで処理されたシャッフルデータの総バイト数。

job.TotalStreamingDataProcessed

バイト

このDataflowジョブで処理されたストリーミングデータの総バイト数です。

job.TotalVcpuTime

このDataflowジョブが使用するvCPUの総秒数。

job.UserCounter

Count

ユーザー定義のカウンターメトリック。

Copyright © 2022 New Relic Inc.