• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

AlloyDB 監視の統合

GCP AlloyDB データをプラットフォームに報告するためのクラウド統合を提供しています。

統合機能の有効化

統合を有効にするには、標準的な手順に従って、 GCPサービスに接続してください

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度とフィルターデータを変更できます。

New Relic での GCP AlloyDB 統合のデフォルトのポーリング間隔は 5 分です。

データを見つけて使用する

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > Infrastructure > GCPに移動し、統合を選択します。

データは、次のイベントタイプに添付されます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

クラスタ

GcpAlloydbClusterSample

GcpAlloydbCluster

データベース

GcpAlloydbDatabaseSample

GcpAlloydbDatabase

実例

GcpAlloydbInstanceSample

GcpAlloydbInstance

データの使用方法の詳細については、統合データの理解と使用を参照してください。

メトリックデータ

この統合により、クラスタ、データベース、インスタンスの GCP AlloyDB データが収集されます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.