• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

メトリックAPIの制限と制限された属性

本ドキュメントでは、 メトリック API のデータ要件について説明しています。

  • 最大限の制限
  • 制限された属性
  • 制限されたメトリック値

最大限の制限

すべてのMetricデータには、以下のデフォルトリミットが適用されます。

条件

制限

タイムスタンプ値の年齢範囲

報告されたタイムスタンプが48時間前よりも古い、または報告された時点から24時間よりも新しいメトリクスは削除されます。

最大データポイント/分(DPM)

300〜1500万DPM (詳細)

1日あたりのアカウントごとの最大ユニーク時系列(カーディナリティ

1〜1500万(詳細)

タイムスケールは、メトリック名と任意の属性を組み合わせた単一のユニークなものです。

メトリック名ごとの1日あたりの最大ユニークタイムスケール(カーディナリティ

100k

最大ペイロード数/分

100k (詳細)

メトリクスごとの最大アトリビュート

100

最大のメトリック属性名の長さ

255文字

属性キーの最大文字数

255文字

最大メトリック属性値の長さ

4096文字

許可されるHTTPプロトコル

HTTPSのみ

Javaの長さの最小値または最大値から外れる数値の長さ

長さの数値が、Javaの長さの最小値または最大値から外れている場合は、拒否されます。

  • その番号が共通ブロックにある場合は、そのブロック全体が落とされます。
  • 数値がメートル法のデータポイントにある場合、その数値が存在するメートル法のデータポイントは削除されます。

Javaのダブル値の最小値または最大値から外れる数値のダブル値

Javaのダブル値の最小値または最大値から外れた数値のダブル値は拒否されます。

  • その番号が共通ブロックにある場合は、そのブロック全体が落とされます。
  • 数値がメートル法のデータポイントにある場合、その数値が存在するメートル法のデータポイントは削除されます。

ペイロードサイズ

合計最大サイズまたは長さ: 投稿ごとに最大1MB (10^6バイト)。圧縮の使用を強く推奨します。

ペイロードフォーマット

ペイロードは、 UTF-8 でエンコードされている必要があります。

アトリビュートネーミングシンタックス

属性名は、英数字、コロン( : )、ピリオド( . )、およびアンダースコア( _ )の組み合わせにすることができます。

以下のデフォルトリミットは、Prometheus Remote Writeインテグレーションを介して収集されたデータにのみ適用されます。

条件

制限

5分間隔でのアカウントごとの最大ユニークカウントおよびサマリー時系列(カーディナリティ

1〜1500万(詳細)

時系列は、メトリック名と任意の属性の単一の一意の組み合わせです。この制限を超えて受信した時系列は削除されます。この制限は、標準のメトリック制限の前およびそれに加えて適用されます。

追加アカウント条件

メトリックAPIの制限は、個々のアカウントレベルで適用されます。 DPMとカーディナリティのデフォルトの制限は、無料利用枠の組織の3Mから、一部の有料組織の10.2Mまでの範囲です。組織の制限を理解するには、制限UIを参照してください。有料組織のリクエストに応じて、DPMとカーディナリティを15Mに増やすことができます。 1分あたりの最大ペイロードは、ケースバイケースで100kを超えて調整できます。メトリックレート制限の変更をリクエストするには、New Relicアカウントの担当者に連絡するか、サポートポータルにアクセスしてください。

レートリミット違反

ここでは、レートの制限を超えたときのMetric APIの動作と、制限を超えた場合の対応について説明します。

制限された属性

これらの属性は、New Relic プラットフォームによって制限されています。メトリックデータポイントの属性セクションでこれらのキーを使用して送信された値は、データポイントが削除されるか、値が省略または上書きされます。

属性

説明

newrelic.source

これにより、値metricAPIにリセットされます。

metricName

これは、各データポイントに渡されたname値にリセットされます。これにより、 nameを属性キーにすることができます。

endTimestamp

timestamp interval.msはデータポイントのendTimestampに変換されます。

これらの属性は、エンティティを識別するために内部的に使用されます。メトリック・データ・ポイントの属性セクションでこれらのキーを使用して送信された値は、UIにエンティティが表示されなかったり、遠隔測定が期待したエンティティに関連付けられなかったりするなど、未定義の動作を引き起こす可能性があります。詳細については、 Entity synthesis を参照してください。

属性

説明

entity.guid

New Relic がエンティティに割り当てる一意の識別子。

entity.name

エンティティの人間が読める名前で、UIでエンティティを識別するためによく使われます。

entity.type

ホストやアプリケーションなど、異なるタイプのエンティティを区別するために使用されます。

追加の制限があります。

制限

コメントコメント

メトリクスおよびアトリビュート名

メトリック名と属性名に同じ値を渡すことはできません。

次の例では、メトリックの名前がservice.errors.allで、属性service.errors.allがあるため、メトリックは無効です。

例アトリビュートとして使用されているメトリック値(無効)

[
  {
    "metrics": [
      {
        "name": "service.errors.all",
        "type": "count",
        "value": 15,
        "timestamp": 1531414060739,
        "interval.ms": 10000,
        "attributes": {
          "service.response.statuscode": "400",
          "service.errors.all": "test",
          "service.name": "foo"
        }
      }
    ]
  }
]

予約語

accountIDappIdeventTypeなどの予約語は使用しないでください。また、バックティック( `` )しない限り、NRQL構文用語の使用は避けてください。

メートル法のJSON内のキー

メトリックJSON内で使用されるすべてのキーを属性キーにすることはできません。これには、 interval.mstimestampvaluecommonminmaxcountsum 、およびmetricsが含まれます。

例外: nameを属性キーとして使用できます。

制限されたメトリック値

valueNaN (数値ではない)、 positive infinity 、またはnegative infinityに等しいメトリック API に送信されたメトリック データはすべて破棄されます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.