• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

カスタム属性の収集

一部の New Relic ソリューションでは、 カスタムデータを New Relic に報告する方法のひとつとして、カスタム 属性 を使用します。例えば、New Relic のブラウザモニタリングでは、カスタム属性を作成して、遅いリクエストや失敗したリクエストに関連するユーザー名を追跡することができます。

要件

カスタム属性は、これらのNew Relicソリューションで利用できます。

  • APM
  • ブラウザのモニタリング
  • モバイルのモニタリング
  • インフラストラクチャのモニタリング

その他のカスタムデータソリューションについては、 Intro to custom data をご覧ください。

APM:カスタム属性の記録

重要

NRQL で使用されている 予約語のリストを確認してください 。予約語を使用すると問題が発生する可能性があります。

APMのカスタムアトリビュートを有効にして使用するには、ご使用のAPMエージェントの手順に従ってください。

ブラウザモニタリング。カスタム属性の記録

ブラウザエージェントは、ページビューやブラウザのインタラクションに関連する追加の詳細を指定するためのAPIを提供しています。APMからブラウザモニタリングに属性を転送する または、JavaScriptでカスタム属性を指定する のいずれかの方法で行います。APMエージェントから転送された値は、ブラウザエージェントによってエンコードされ、ブラウザの属性に注入されます。

インフラストラクチャのモニタリング。カスタム属性の記録

当社の インフラストラクチャ モニタリング では、インフラストラクチャ エージェントからのデータに注釈を付けるために使用される カスタム属性 を作成することができます。このメタデータを使用して、フィルタセットの構築、結果のグループ化、データの注釈付けを行うことができます。

モバイルモニタリング。カスタム属性の記録

モバイルエージェントには、カスタム属性を記録するためのAPIコールが含まれています。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。