• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

その間パフォーマンス

CodeStream はコード内のパフォーマンス上の問題に自動的にフラグを立て、問題が発生したときに積極的に対処できるようにします。

CodeStream は、トランザクションから開始してエラー率または平均継続時間のいずれかの異常を探すことにより、パフォーマンスの問題を特定します。 New Relic の変更追跡 (変更追跡機能)を使用してデプロイメント情報を送信している場合、異常は、最後のリリース以降のパフォーマンスを過去 3 週間と比較することによって計算されます。 それ以外の場合、比較は過去 7 日間を使用して行われます。 パフォーマンスの問題があると特定されたトランザクションについて、CodeStream は、その現場を構成するセグメント (データベース書き込み、外部呼び出し、個々のメソッドなど) をドリルダウンして、パフォーマンスが低下しているセグメントがないかどうかを確認します。 これにより、問題の原因に焦点を当てることができます。

トランザクションまたはセグメントをクリックすると、時間の経過に伴うパフォーマンスの問題がグラフで表示されます。また、可能な場合は、CodeStream によって適切なファイルと行番号も表示されます。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.