• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

コードレベルの指標

パフォーマンス データは、探さなくてもエディターに状況に応じて表示されるため、作業中の作業に情報を提供できます。バグ修正に取り組んでいて、作業中のコード領域のエラー率が上昇していることに偶然気づいたとします。もしかしたら、より大きな問題に発展しないように、バグ修正の一環としてその問題に対処するかもしれません。

CodeStream は、New Relic APM エージェントによって実行された各メソッド インストゥルメントの上の CodeLens に、過去 30 分間の平均継続時間とエラー率を表示します。 Visual Studio の場合、CodeLens の代わりに New Relic アイコンがエディターのガターに表示されます。 メトリクスは、CodeStream ペインで現在選択されているサービスに対して計算されます。 別のサービスを展開すると、それに応じてメトリクスが更新されます。

CodeLens をクリックすると、各メトリクスを視覚化したグラフが表示されます。リポジトリが複数の New Relic 監視サービスに関連付けられている場合、それらを簡単に切り替えることができます。これにより、チャートとエディターの両方に表示されるコードレベルのメトリクスのベースとなるサービスが変更され、CodeStream ペインでのサービスの選択も変更されます。

エラー率のグラフに加えて、同じ時間枠で発生した実際のエラーのリスト (それぞれの発生数を含む) も表示されます。エラー率が急上昇しており、特定のエラーが問題の原因であることがわかった場合は、そのエラーをクリックしてスタック トレースを表示し、解決に向けた共同作業を開始できます

カバレッジ

New Relic エージェントは、HTTP リクエストに関連付けられたクラスの関数のデータを自動的に収集しようとします。 多くの場合、MVC フレームワークを使用する多くのフレームワークでは、これらはコントローラー クラスのメソッドであることがよくあります。

New Relic エージェントによるすべてのリクエストが常に収集されるわけではないため、トラフィックの少ないメソッドではデータが表示されない可能性があります。結果を確認したい特定のメソッドのデータが欠落している場合は、カスタム インストルメンテーションを使用してギャップを埋めることができます。Java.NETPHPPythonRubyGo 、およびNode.jsのガイダンスを参照してください。

次の NRQL クエリを実行して、いずれかのサービスのコードレベルのメトリクスを含む CodeLenses が表示される場所を特定します。 例のentity.guid値を、指定されたサービスの値に置き換えるだけです。 クエリ結果で、 code.*属性を調べて、フレームワーク コードではなくコードを表しているものがあるかどうかを確認します。

SELECT *
FROM Span
WHERE entity.guid = 'MXxBUE18QVBQTElDQVRJT058MjM' AND code.function is not null
SINCE 30 minutes ago LIMIT MAX

要件

エディター内のパフォーマンス データを表示するには、サービスが以下に示す要件を満たしている必要があり、サービスは過去 30 分間にデータを収集している必要があります。

CodeLenses をオフにするには、IDE 設定の CodeStream セクションに移動し、 CodeStream: Show Golden Signals In Editor設定のチェックを外します。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.