• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

トラブルシューティングのためのログの生成(Ruby)

詳細なデバッグログは、標準的なRubyエージェントのインストールのトラブルシューティングに役立ちます。

重要

Herokuを使用している場合は、 Ruby agent and Heroku を参照してください。

ログファイルの生成

詳細なNew Relic for Rubyのログファイルを生成するため。

  1. newrelic.yml ファイルをエディタで開きます。

  2. log_leveldebug に変更し、ファイルを保存します。インデントは変更しないでください。

    重要

    debug は、非常に冗長なログレベルです。デバッグレベルのログを生成した後は、必ず以前の log_level に戻してください。

  3. Webアプリケーションを再起動します。

  4. あなたのアプリにトラフィックを発生させ、5分ほど実行します。

  5. ログファイルにエラーがないか確認します。デフォルトでは、ログファイルはアプリのlogフォルダにあり、名前は newrelic_agent.log となっています。

  6. ログファイルをNew Relicサポートに送る場合は、ログファイルをサポートチケットに添付し、 newrelic.yml 、あなたのGemfile、 Gemfile.lock も一緒に添付してください。

  7. newrelic.yml を再度編集し、 log_level を以前の設定に変更します。ファイルを保存します。

問題を作成する
Copyright © 2022 New Relic Inc.