• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

トラブルシューティングのためのログの生成(Ruby)

詳細なデバッグログは、標準的なRubyエージェントのインストールのトラブルシューティングに役立ちます。

重要

Herokuを使用している場合は、 Ruby agent and Heroku を参照してください。

ログファイルの生成

詳細なNew Relic for Rubyのログファイルを生成するため。

  1. newrelic.ymlファイルをエディタで開きます。

  2. log_leveldebugに変更し、ファイルを保存します。インデントを変更しないように注意してください。

    重要

    debug 非常に詳細なログ レベルです。デバッグレベルのログを生成した後は、必ず前のlog_levelに戻ってください。

  3. Webアプリケーションを再起動します。

  4. あなたのアプリにトラフィックを発生させ、5分ほど実行します。

  5. ログ ファイルにエラーがないか調べてください。デフォルトでは、ログ ファイルはアプリのログ フォルダーにあり、名前はnewrelic_agent.logです。

  6. ログ ファイルを New Relic サポートに送信する場合は、ログ ファイルを、 newrelic.yml 、Gemfile、およびGemfile.lockとともにサポート チケットに添付してください。

  7. newrelic.ymlを再度編集し、 log_levelを前の設定に変更します。ファイルを保存します。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.