• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

RubyエージェントとHeroku

Heroku は、 Ruby を含むさまざまなエージェント言語で Web アプリケーションをホストするためのサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) ソリューションです。New Relic を使用すると、次を使用して Heroku を拡張できます。 そしてメトリクス。このページでは、New Relic の Ruby エージェントで Heroku をホスティング サービスとして使用する場合の特別な考慮事項について説明します。

New Relicエージェント・アドオンのインストール

HerokuにRubyアプリをデプロイした後、New Relicのエージェントをインストールします。

アドオンをインストールすると、New Relicのプライベートアカウントが自動的に作成され、Herokuサーバーへのアクセスが設定されます。New Relic は、アドオンのインストール後に収集されたアプリケーションパフォーマンス、エンドユーザーエクスペリエンス、アプリサーバーのパフォーマンスのモニタリングを開始します。数分後には、データが APM サマリーページ に表示され始めます。

このドキュメントはインストールで役立ちましたか。

インストール時のトラブルシューティング

New Relic をインストールして設定してから数分以内に、アプリの APM サマリーページにデータが表示され始めるはずです 。データが表示されない場合は、 Ruby エージェントのトラブルシューティングの手順に従ってください

既存のNew Relicインストールからのアップグレード

New Relic がすでにインストールされている場合は、Heroku toolbelt コマンドを使用してアドオンを再インストールします。

bash
$
heroku config:set NEW_RELIC_APP_NAME='Your Application Name'

HerokuでのRubyエージェントの設定

newrelic.ymlファイルで New Relic を構成するか、 環境変数を 使用して構成ファイルの値よりも優先することができます。 heroku config:setを使用して、Heroku アプリケーションのエージェントの設定を変更します。

たとえば、 custom_insights_events.max_samples_stored 設定を 500 に設定するには:

bash
$
heroku config:set NEW_RELIC_CUSTOM_INSIGHTS_EVENTS_MAX_SAMPLES_STORED=500

Herokuのホストネーム

どのデータがどのホストから来たのかを知ることで、UIに表示されるメトリクスを特定のホストにフィルタリングすることができます。Herokuでは、dynos内のホスト名は動的に生成されるため、アプリケーション開発者にとっては一般的に意味を持ちません。

バージョン 3.9.5 以降、Ruby エージェントは Heroku dyno 名をホスト名として報告します (例: web.1 )。これにより、特定の dyno 名に限定されたデータを表示できます。heroku.use_dyno_names設定をfalseに設定すると、この動作を無効にできます。その後、エージェントはDynamic Hostnameという単一の集約されたプレースホルダー名を使用します。

Dynoのホストネームアグリゲーション

一部の dyno には動的に生成される名前があり、これらは時間の経過とともに多くの一意の値を取る場合があります。例には、Scheduler アドオンによって作成されたscheduler dyno、およびコマンド ラインでheroku runを呼び出すことによって作成されたrun dyno が含まれます。一意のホスト名の数を適切に保つために、Ruby エージェントはschedulerおよびrun dyno からのデータをscheduler.*およびrun.*と呼ばれるホスト名に自動的に集約します。

動的に作成される他の dyno タイプがある場合は、 heroku.dyno_name_prefixes_to_shorten 構成設定を使用して、これらの他の dyno タイプに同じ集計を適用します。

Herokuのロギング

Heroku では、Ruby エージェントのログが標準出力に記録され、エージェント ログと通常のアプリケーション ログが混在します。Ruby エージェントによって生成されたログ エントリには、プレフィックスとして[NewRelic]タグが含まれます。

Herokuのログを取得するには

  1. 次の Heroku ツールベルト コマンドを使用して、 NEW_RELIC_LOG環境変数がstdoutに設定されていることを確認します。

    bash
    $
    heroku config
  2. 必要に応じて環境変数をリセットするには、次のように実行します。

    bash
    $
    heroku config:set NEW_RELIC_LOG="stdout"
  3. newrelic.ymlファイルをエディタで開きます。

  4. log_leveldebugに変更し、ファイルを保存します。 インデントを変更しないでください。

  5. Webアプリを再起動します。

  6. あなたのアプリにトラフィックを発生させ、5分ほど実行します。

  7. 以下のHeroku toolbeltコマンドを実行すると、New Relicエージェントからのログのみが表示されます。

    bash
    $
    heroku logs -n 1500 | grep -i relic
  8. ログ ファイルを New Relic サポートに送信する場合は、ログ ファイルをnewrelic.ymlGemfile 、およびGemfile.lockと共にサポート チケットに添付してください。

  9. newrelic.ymlを再度編集し、 log_level を以前の設定に変更します。 ファイルを保存します。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.