• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

お客様のアカウントにホストを接続

アカウントに接続するホストは、New Relic エージェント設定ファイルの環境固有の設定を使用して制御することができます。いくつかの構成プロパティをすべての環境に対して設定したり、個々の環境に対して変更したりすることができます。設定ファイルの詳細とその場所については、お使いのエージェントの 設定ドキュメント を参照してください。

初期設定

多くの New Relic のお客様は、複数の環境 (たとえばステージングと本番) で共通の構成を使用していますが、それらの環境のうちの 1 つのホストでしか New Relic を実行できない場合があります。また、異なるサブスクリプションレベルで複数の New Relic アカウントを持っているお客様もいて、どのホストがどのアカウントに接続するかを制御する必要があります。これらのどちらの状況でも、環境固有の設定を使用することができます。

一般的な環境でのデフォルト設定は、設定ファイルの下部に表示されます。ここでは、productionとstagingの例を示します。

New Relic .yml ファイルの例: 本番環境とステージング環境のデフォルト設定を示しています。

カスタマイズ設定

これらの設定は、必要に応じて編集できます。独自の状況に合わせてカスタム環境セクションを追加することもできます。たとえば、 YAMLは、アンカー ( & ) タグでラベル付けされたノードを参照するノード参照 ( * ) とハッシュ マージ ( << ) を提供します。New Relic エージェントのデフォルトの設定ファイルは、共通の設定オプションが&*default_settings*タグに設定された状態で出荷されますが、環境間で設定オプションを共有するために独自の設定オプションを作成できます。

アカウントへの接続を許可するホストを制御するには、適切な環境でmonitor_modeを true または false に設定するだけです。ステージング ホストを 1 つのアカウントに接続し、本番ホストを別のアカウントに接続するには、接続方法に応じて各環境でlicense_keyを設定します。上のスクリーンショットでわかるように、 app_nameや、特定の環境に固有のその他の設定を設定することもできます。

環境

New Relic エージェントは、それが実行されている環境を決定します。たとえば、Ruby は標準の*RAILS_ENV OS 環境変数を使用します。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.