• /
  • ログイン

ServerlessモニタリングでのAWS Lambdaのモニタリング

当社は、サーバーレスAWS Lambda関数の綿密なパフォーマンスモニタリングを提供します。機能、その仕組み、およびその要件について学ぶために読んでください。

このLambdaモニタリング機能は、CloudWatchデータのみを使用するLambdaモニタリングインテグレーションと同じではありません。サーバーレスLambdaモニタリングでは、CloudWatchデータとコードレベルのインストゥルメンテーションの両方を使用して、より綿密なモニタリングを行います。

ヒント

サーバーレスモニタリング、およびその他のオブザーバビリティ プラットフォームを使用するには、New Relicファミリーに参加してください。サインアップして、わずか数秒で無料アカウントを作成できます。次に、毎月最大で100GBのデータを無料で取り込みます。期間無制限です。

重要な理由

コード変更を行わずに、サーバーレス機能に対しモニタリングとオブザーバビリティのインストゥルメントを迅速に行う必要がある場合Lambdaレイヤーにより、Lambda機能の詳細な動作が一元的に可視化されるため、サーバーレスアプリケーションがどうなっているかを理解できます。

この情報すべてを使用してシステムのトラブルシューティングを行い、機能を最適化することで、アプリケーションが迅速に機能し、サーバーレスアーキテクチャで安心して配信できます。インストゥルメントの時間を短縮し、構築により多くの時間を費やします。

Lambdaモニタリングにより、次のことを行えます:

  • 詳細な持続時間、コールドスタート、例外、トレースバックなどのパフォーマンスデータを始めとするLambda関数のすべての呼び出し
  • APIゲートウェイ、ALB SNS、SQS、DynamoDBなど、各AWS Lambda呼び出しをトリガーしたイベントについてのコンテキストと属性を提供するAWS Lambdaイベントソース情報
  • ディストリビューティッド(分散)トレーシングによるエコシステム全体の可視性:Lambdaへのリクエストのパスの表示、およびその他のディストリビューティッド(分散)トレースでのLambdaスパンの表示。
  • コンテキストにログインし、メトリクスや属性、トレースデータとともに、完全な呼び出しおよび関数レベルのログを提供します。
  • インベントリ化されたタグとメタデータ。当社はAWSエンティティから情報を取得し、それによりお客様は、チームまたは機能設定の特定のメタデータ属性、呼び出し自体のフィルタリングを行いファセットを適用できます。
  • 属性や関数ごとにダッシュボードとチャートにファセットを直ちに適用し、カスタムデータを調査する自動ファセットビルダーを使用して、データのクエリを簡単に実行できます。クエリを作成する必要はありません。

Lambdaデータは、New Relic One内の専用のUIで表示されます。

アクセスおよび要件

AWS Lambdaモニタリングの互換性と要件をご覧ください。

次のステップ:Lambda監視を有効にして使用

Lambdaモニタリングの使用を開始するには、手順のインストールと有効化をご覧ください。

Lambdaモニタリングを有効にする主な方法は2つあります。

アラートのセットアップや独自のカスタムイベントや属性の追加を行うこともできます。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.