• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

record_log_event (Python エージェント API)

構文

newrelic.agent.record_log_event(message, level=None, timestamp=None, attributes=None, application=None, priority=None)

コンテキストでのロギングで使用するログ イベントを記録します。

要件

Python エージェント バージョン 8.5.0 以降。

説明

これにより、New Relic UI で表示およびクエリできるログ イベントが記録されます。監視対象のトランザクションのコンテキスト外でこれを使用する場合は、 applicationパラメータを使用してください。

パラメーター

パラメータ

説明

message

文字列辞書

必須。ログ メッセージを定義するmessage 。ディクショナリ値の場合、キーmessageが利用可能な場合は抽出され、その他の項目は接頭辞message.の下のコンテキスト データ属性とみなされます。

これらの属性をレポートするには、 コンテキスト データ転送を有効にし、オプションで包含ルール除外ルールを構成します。

level

ストリング

オプション。ログ レベルを定義します。デフォルトはUNKNOWNです。

timestamp

浮く

オプション。ログ メッセージのタイムスタンプを定義します。デフォルトはtime.time()です。

attributes

辞書

オプション。この辞書に含まれる項目は、接頭辞context.の下でコンテキスト データ属性とみなされます。

これらの属性をレポートするには、 コンテキスト データ転送を有効にし、オプションで包含ルール除外ルールを構成します。

application

物体

オプション。監視対象のトランザクションのコンテキスト外でログ イベントを記録する場合は、これを使用して呼び出しを特定のアプリケーション オブジェクトに関連付けます。アプリケーション オブジェクトは、 newrelic.agent.application関数を使用して取得できます。

priority

物体

オプション。ログイベントの優先度を設定します。優先順位がイベントのロギングにどのような影響を与えるかについては、 event_harvest_config.harvest_limits.log_event_data を参照してください。

戻り値

なし。

バックグラウンド タスクでログ イベントを記録する

バックグラウンド タスクに関連付けられたログ イベントを記録する例を次に示します。

@newrelic.agent.background_task()
def bg_task():
# do some type of work in this background task...
application = newrelic.agent.application()
newrelic.agent.record_log_event('My log message.', application)

ログイベントをトランザクションに記録する

トランザクション内でログ イベントを記録する例:

def fetch():
newrelic.agent.record_log_event('Fetching data.')
# do some type of work in this transaction...

コンテキストデータ属性を使用してログイベントを記録する

メッセージ属性とコンテキスト属性を使用してログ イベントを記録する例を次に示します。

def fetch(product_id):
newrelic.agent.record_log_event({"message": "Fetching data", "product_id": product_id}, attributes={"thread_id": threading.get_ident()})
# do some type of work in this transaction...
Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.