• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

record_custom_metrics (PythonエージェントAPI)

構文

newrelic.agent.record_custom_metrics(metrics, application=None)

カスタムメトリクスのセットを記録します。

説明

この呼び出しは、一連のカスタム指標を記録します。単一のカスタム指標を記録するには、 record_custom_metricを参照してください。

渡される指標は、 (name, value)タプルを生成する反復可能なオブジェクトにすることができます。例えば:

def metrics():
yield "Custom/Value-1", 1
yield "Custom/Value-2", 2
yield "Custom/Value-3", 3
newrelic.agent.record_custom_metrics(metrics())

名前の設定に制限はありませんが、 Custom/プレフィックスを使用することをお勧めします。カスタム メトリック値は、数値にすることも、既に集計されたデータ サンプルに対応するディクショナリにすることもできます。nameおよびvalueルールの詳細については、 record_custom_metricを参照してください。

パラメーター

パラメータ

説明

metrics

イテレート可能なオブジェクト

必須。メトリック値のセット。 (name, value)タプルを生成する反復可能なオブジェクトの形式にすることができます。nameおよびvalue規則と提案について詳しくは、 record_custom_metricパラメーターを参照してください。

application

ストリング

オプション。アプリケーションがNoneのデフォルト値である場合、エージェントはカスタム メトリックを現在のトランザクションの親アプリに関連付けます。したがって、このメソッドが Web トランザクションまたはバックグラウンド タスクのコードで使用されない限り、アプリケーションを提供する必要があります。

戻り値

なし。

カスタムメトリクスの記録

def metrics():
yield 'Custom/Value-1', 1
yield 'Custom/Value-2', 2
yield 'Custom/Value-3', 3
newrelic.agent.record_custom_metrics(metrics())

カスタムメトリクスの表示と使用

カスタム メトリクスを表示するには、メトリクスとイベントを使用してカスタム メトリクスを検索およびフィルタリングし、カスタマイズ可能なグラフを作成して、それらのグラフを New Relic ダッシュボードに追加します。REST API を使用して、UI の外部でカスタム メトリック データをプログラムで取得して使用できます。カスタム メトリック アラート条件を作成して、カスタム メトリックが特定の値を超えたときに自分またはチームに通知することもできます。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.