• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

record_custom_event (PythonエージェントAPI)

構文

newrelic.agent.record_custom_event(event_type, params, application=None)

クエリに使用するカスタムイベントを記録

要件

Pythonエージェントのバージョン2.60.0.46以上。

説明

これは、NewRelicUIで表示および照会できるカスタムイベントを記録します。監視対象トランザクションのコンテキスト外でこれを使用する場合は、アプリケーションパラメータを使用します。

重要

event_typeparamsの制限と制限については、 制限と制限された文字予約語を参照してください。

パラメーター

パラメータ

説明

event_type

ストリング

必須。 event_typeは、カスタムイベントの名前(またはタイプ)を定義し、文字列である必要があります。トランザクション用に記録された追加の属性は、カスタムイベントに追加されません。

params

ディクト

必須。イベントにカスタム属性を添付します。 paramsとして渡された属性のみが追加されます。トランザクション用に記録された追加の属性は、カスタムイベントに追加されません。

application

物体

オプション。監視対象トランザクションのコンテキスト外でイベントを記録する場合は、これを使用して、呼び出しを特定のアプリケーションオブジェクトに関連付けます。アプリケーションオブジェクトは、 newrelic.agent.application関数を使用して取得できます。

戻り値

なし。

バックグラウンドタスクでカスタムイベントを記録

ここでは、バックグラウンドタスクに関連するカスタムイベントを記録する例を紹介します。

@newrelic.agent.background_task()
def bg_task():
# do some type of work in this background task...
application = newrelic.agent.application()
newrelic.agent.record_custom_event('your_event_type', {'param1':'value1'}, application)

killed-queryカスタムイベントの作成

データベース・ロギング機能の中にkilled-queryカスタムイベントを作成する例です。

application = newrelic.agent.register_application(timeout=10)
def task_runner():
event_type = "Killed_Query"
params = {'query_info':'select * from all_things;', 'killed_time': '2016-05-18 00:59:00', 'host': 'my_host'}
newrelic.agent.record_custom_event(event_type, params, application=application)
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.