• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

get_browser_timing_header (PythonエージェントAPI)

構文

get_browser_timing_header(nonce=None)

を生成します JavaScript エージェントを挿入するためのエージェント ヘッダー。

説明

重要

nonce CSP サポートの nonce パラメータは、Python エージェント バージョン 9.4.0 で追加されました。

Python エージェント バージョン 9.3.0 以前では、ブラウザのタイミングを有効にするためにget_browser_timing_footer API も必要でした。エージェント バージョン 9.4.0 以降では、これは必要なくなりました。

この呼び出しにより、ブラウザ監視を有効にするために使用できるブラウザ エージェントの JavaScript ヘッダー スニペットが返されます。これは、アプリケーションで自動インストルメンテーションが不可能な場合、nonced コンテンツ セキュリティ ポリシーを使用している場合、または特定のページのみのブラウザ データを収集したい場合に使用できます。

これは、エージェントによるこの JavaScript の自動挿入に代わる手動の方法です。この呼び出しとget_browser_timing_footerを使用してブラウザ監視を有効にする方法については、 「ブラウザ監視を手動で設定する」を参照してください。

この呼び出しは、JavaScriptスニペットを挿入するすべてのWebリクエストに対して呼び出す必要があります。グローバルスコープで呼び出してキャッシュすることはできません

パラメーター

パラメータ

説明

nonce

ストリング

オプション。コンテンツ セキュリティ ポリシー (CSP) ポリシーによって使用される、リクエストごとの暗号化ナンス。

戻り値

ブラウザエージェントヘッダーのJavaScriptを返します。

ブラウザの手動監視装置

ヘッダーコールとフッターコールの使用方法については、 Manually instrument browser monitoring を参照してください。

CSP ノンスの例

CSP ノンスでヘッダー呼び出しを使用する方法については、「CSP ノンス サポート」を参照してください。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.