• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

add_custom_span_attribute (PythonエージェントAPI)

構文

newrelic.agent.add_custom_span_attribute(key, value)

スパンイベントにカスタム属性を追加します。

説明

この通話では、 カスタム属性 (お客様の スパンイベント に付けられたキーと値のペア)が記録されます。

トランザクショントレースが親トランザクションによって作成されている場合、属性は分散トレースまたはAPMにあります。属性は、NewRelicUIでも検索および照会できます。

重要

カスタム属性を作成する前に、NRQL で使用されている 予約済みの用語のリストを確認してください

パラメーター

パラメータ

説明

key

ストリング

必須項目です。キーの名前です。最初の255文字のみが保持されます。

value

文字列、整数、フロート、ブール

必須。現在のスパンイベントに追加する文字列値です。最初の255文字のみが保持されます。

戻り値

属性が正常に追加された場合はTrueを返します。

バックグラウンドタスクにカスタム属性を追加

バックグラウンドタスクにカスタム属性を追加する例

@newrelic.agent.background_task()
def send_request():
with newrelic.agent.FunctionTrace(name='Trace'):
newrelic.agent.add_custom_span_attribute('attribute', 'value')

カスタムスパン属性を使ったトラブルシューティング

カスタム属性は、パフォーマンスに関する問題のトラブルシューティングにも使用できます。たとえば、memcacheインスタンスのプールからの応答時間が時々遅くなることがあるが、どのインスタンスが問題を引き起こしているのかわからない場合があります。その場合は、次のようにサーバーを示す属性をスパンに追加します。

# Set server_ip to be the current server processing the transaction
newrelic.agent.add_custom_span_attribute("memcache_query_frontend_lookup", server_ip)
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.