• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

データ要件とカスタムイベントデータの制限

重要

2021年03月22日の時点で、Insightsをアップグレードしてウェブとモバイルの体験を向上しています。InsightsのすべてのURLは、New Relic Oneの対応するダッシュボードに自動的にリダイレクトされます。この移行について、およびこの移行を容易に計画することの詳細については、Explorers Hubの投稿をご覧ください。

このドキュメントには、カスタムイベントおよび関連する属性を挿入して使用するための一般的な要件とルールが含まれます。使用するメソッドに基づいて、追加の要件が適用される場合があります。

カスタムイベントは、以下の方法を使用してNew Relicにレポートできます。

基本要件

カスタムイベントおよび属性をレポートする際は、対応するデータ型、命名構文、サイズに関する以下の基本要件に従ってください:

要件

説明

ペイロード

最大サイズまたは長さ:POSTあたり最大で 1MB(10^6バイト)。圧縮の使用を強く推奨します。

ペイロードは UTF-8 としてエンコードする必要があります。

イベントAPIにもまた、HTTPのレート制限があります。

属性のデータタイプ

属性値は、文字列、もしくは整数型かフロートのどれかになります。

属性値に日付情報が含まれている場合、Insightsのデータフォーマッターを介してこれを未フォーマットのUnixタイムスタンプとして定義します(秒もしくはミリ秒)。

属性サイズ

最大nameサイズ:255バイト。

最大属性valueサイズ:

  • エージェントを介して送信されたカスタム属性:255バイト

  • イベントAPIを介して送信されたカスタムイベントに添付された属性:4096文字

    イベントあたりの最大合計属性数:254。例外: APMエージェントAPIを使用する場合、最大数は64になります。

    イベントタイプあたりの最大合計属性数:48,000.

    重要

    チャートは、属性値の最初の255文字のみを表示します。完全な属性値については、JSONチャートタイプもしくはクエリAPIを使用をします。

命名構文

属性名には、英数字、コロン(:)、ピリオド(.)、アンダースコア(_)の組み合わせを使用できます。

イベントタイプには(eventType属性を使用)、英数字、コロン(:)、アンダースコア(_)の組み合わせを使用できます。

NRQL用の予約語は使用しないでください。

Null値

データベースは、null値のデータを一切保存しません。

予約語

イベントおよび属性の名前には、以下の予約後を使用しないでください。これを使用すると、予期しない結果を伴う可能性があります。

重要

これは包括的なリストではありません。一般に、今後のNew Relicの機能との衝突が発生しないように、MySQLの予約語の使用は避けてください。

キーワード

説明

accountId

予約済みの属性名です。この名前が含まれている場合は、取り込み中に破棄されます。

appId

値は整数でなくてはいけません。整数ではない場合、属性名と値は取り込み中に破棄されます。

eventType

New Relicによって保管されているイベントタイプ。通常、New Relicエージェントおよびスクリプトは、これをeventTypeとしてレポートします。英数字、コロン(:)、アンダースコア(_)の組み合わせを使用できます。必ず、禁止されたeventTypeeventType制限について確認してください

禁止されたeventType

eventTypeの値には、以下を使用しないでください:

  • MetricMetricRawMetric[0-9]のプリフィックスの付いた文字列(Metric2またはMetric1Minuteなど)を使用しないでください。

  • Public_ および Public_ のプリフィックスの付いた文字列。

    こうしたイベントタイプは、New Relicによる使用向けに予約済みとなっています。このeventType値で渡されたイベントは放棄されます。

timestamp

Unixエポックのタイムスタンプでなければなりません。タイムスタンプは、秒数かミリ秒数で定義できます。サーバーの現在時刻から前後1日以内(24時間以内)でなくてはいけません。

ログ転送規則

次のキーは、Infrastructureエージェントのログ転送機能により予約されます。entity.guid、ログ、ホスト名plugin.typefb.input。使用すると、取り込み中に破棄され、ログに警告が追加されます。

NRQL構文規則

ドット付き属性を含む属性名に、NRQL構文規則を使用する必要がある場合は、バッククォートで囲む必要があります。例:`LIMIT``consumer.offset`。これを行わない場合は、こうした予約語の使用を避けてください:

agoandasauto

beginbegintime

compare

daydays

endendtimeexplain

facetfrom

hourhours

inis

likelimit

minuteminutesmonthmonths

notnull

offsetor

raw

secondsecondsselectsince

timeseries

until

weekweekswherewith

イベントタイプの上限

現在の合計eventType値の上限は、所与の24時間以内のサブアカウントあたり250となっています。ユーザーが上限を超えた場合、New Relicはデータをフィルタリングもしくは放棄する可能性があります。イベントタイプには、以下が含まれます:

  • New Relicエージェントのデフォルトイベント
  • New Relicエージェントのカスタムイベント
  • Insightsのカスタムイベントインサーター

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.