• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

NerdGraphチュートリアル。ダッシュボードの作成

New Relic dashboards API を使用すると、 NerdGraph を使用して、 ダッシュボード を構築することができます。このドキュメントでは、ダッシュボードに追加できるさまざまな種類のウィジェットと、API を使用してそれらを作成および取得する方法について説明します。

ウィジェットスキーマとタイプ

クエリとミューテーションの出力のためのウィジェットGraphQLスキーマは次のようになります。

type Widget {
id
visualization
layout
title
linkedEntities
configuration
rawConfiguration
}

どこで?

  • id: ウィジェットのidです。
  • visualization: ウィジェットの可視化タイプを文字列で指定します。例: viz.line, viz.area.以下の の例を参照してください.
  • レイアウト: ダッシュボードにおけるウィジェットの位置とサイズ。列の最大数は12です。
  • title: ウィジェットのタイトルです。
  • linkedEntities: ウィジェットに関連するDashboard Entities。現在は、ダッシュボード・エンティティのみをサポートしています。 ファセットのリンク機能で使用されています
  • configuration: ウィジェットの 型付けされた構成area, bar, billboard, line, markdown, pie, table といった最も一般的なウィジェットの便利な型付けされたGraphQL表現です。
  • rawConfiguration: ウィジェットの 型付けされていない構成 。これは、 ヒートマップ, ヒストグラム, ビュレット, ファネル など、型付けされた構成ではカバーされないウィジェットのプロパティを保存する自由形式の方法 (JSON スカラー)です。この場合、 構成 は NULL で、 rawConfiguration には、ウィジェットが必要とするすべてのデータが格納されます。

ウィジェットの種類

dashboards API は、型付きおよび型なしのウィジェットをサポートしています。

型付きウィジェット定義

エリア

エリアは複数のnrqlクエリに対応しています。

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

バー

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

ビルボード

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

閾値

[オブジェクト]

オプションです。クエリの結果を異なるグループに分類するためのしきい値の配列。

  • alertSeverity: NOT_ALERTING, WARNING, CRITICAL となります。
  • : アラートグループのしきい値。

折れ線グラフ

Lineは複数のnrqlクエリをサポートしています。

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

マークダウン

ウィジェットのデータ要素

説明

テキスト

文字列

マークダウン・ウィジェットで追加されるコンテンツ。

パイ

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

テーブル

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

型にはまらないウィジェットの定義

エリア(定義済みの測定基準)

ウィジェットのデータ要素

説明

デュレーション

ロング

要求されたタイム・ウィンドウの期間(ミリ秒単位)。

  • endTime を指定すると、時間ウィンドウは、指定した時間で終わる最後の x ミリ秒に設定されます。
  • endTime がNULLの場合、タイムウィンドウは、今から最後の x ミリ秒に設定されます。

エンドタイム

ロング

オプションです。時間ウィンドウの終了時間をミリ秒単位で指定します。

エンティティIds

[Integer]

データを取得するソースエージェントIDの配列。

メトリックス

[オブジェクト]

For type SCOPE_BREAKDOWN only.フェッチするメトリクスのリスト。

種類

文字列

定義済みのチャートのタイプ。以下のようになります。 APPLICATION_BREAKDOWN, BACKGROUND_BREAKDOWN, BROWSER_BREAKDOWN, GC_RUNS_BREAKDOWN, SCOPE_BREAKDOWN, SOLR_BREAKDOWN.

弾丸

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

リミット

フロート

すべてのクエリの結果を比較するための目標。

イベントフィード

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

ファネル

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

ヒートマップ

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

ヒストグラム

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

インベントリ

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

フィルター

オブジェクト

インフラストラクチャのソースに適用されるフィルタのマップ。

ソース

[String] (文字列)

データを取得するインフラストラクチャソースのリスト。詳しくは、 how inventory entries look like のドキュメントをご覧ください。

JSON

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

問い合わせ

文字列

ウィジェットのデータを提供するNRQLクエリ

ライン(測定値)

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

compareWith

オブジェクト

オプションです。照会する追加の時間帯。例えば、以下のようになります。

{
offsetDuration: 86400000
presentation: {"#c001", "Yesterday"}
}

デュレーション

ロング

要求されたタイム・ウィンドウの期間(ミリ秒単位)。

  • endTime を指定すると、時間ウィンドウは、指定した時間で終わる最後の x ミリ秒に設定されます。
  • endTime がNULLの場合、タイムウィンドウは、今から最後の x ミリ秒に設定されます。

エンドタイム

ロング

タイムウィンドウの終了時刻をミリ秒単位で指定します。

エンティティIds

[Integer]

データを取得するソースエージェントIDの配列。

ファセット

文字列

オプションです。与えられた属性によるデータのファセット。 host, agent, application, or mobile_version とすることができます。

リミット

整数

任意です。返すべきシリーズの最大量

メトリックス

[オブジェクト]

フェッチするメトリクスのリスト。

オーダーバイ

文字列

オプションです。結果を降順でソートするために使用します。

サービスマップ

ウィジェットのデータ要素

説明

accountId

整数

データを取得するソースアカウント。

additionalEntities

[オブジェクト]

オプションです。含める追加のエンティティの配列です。 Type, vendor, target, source はオプションです。

deemphasizedConditions

[オブジェクト]

オプションです。これらの条件を持つエンティティは、地図上では色あせて表示されます。

hiddenEntities

[オブジェクト]

任意です。マップから除外するエンティティ。

プライマリエンティティー

[オブジェクト]

マップを開始する主なエンティティ(最も上流)。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.