• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

NerdGraph の使用制限

NerdGraph API は、ユーザーごとの同時リクエストの制限を強制します。

制限の詳細

NerdGraph では、 ユーザーごとに同時リクエストの数を 25 に制限しています。

実行するリクエストの速度に制限はありません。制限されるのは 同時 リクエストの数のみです。

同時実行性は、ユーザー キーごとではなく 、ユーザーごとに追跡および適用されます。複数のユーザー キーを使用して同じユーザーによって行われたリクエストはすべて、そのユーザーの同時リクエストの合計に寄与します。

システムの状態に応じて、ユーザーあたり 25 を超える同時リクエストを許可する場合がありますが、 保証される同時リクエストは 25 のみです。

リクエストが制限されている場合、リクエストは HTTP ステータス コード 429で拒否されます。処理中のリクエストが完了し、合計同時実行数が低下すると、新しいリクエストは自動的に再び成功し始めます。

限界に達しないようにする

コード内で NerdGraph への同時リクエストを行っている場合は、クライアント側での合計同時実行数を制限することが重要です。たとえば、100 件のリクエストを行う必要がある場合は、次のようになります。

  • プーリング ソリューションを実装して、同時接続が使用可能であることが検出された場合にのみリクエストが行われるようにします。
  • 25 件の同時呼び出しのバッチでリクエストを送信します。
  • 同時実行コードを順次コードに置き換え、前のリクエストが完了した後にのみリクエストを作成します。

これらの推奨事項のいくつかの実装に関連するコード例については、 「NerdGraph 同時実行チュートリアル」を参照してください。

一度に複数の場所でコードを実行することに注意してください。非同時実行コードであっても、複数の場所で実行されている場合は同時実行が発生します。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.