• /
  • ログイン

ファセットによりNew Relic Oneダッシュボードにフィルタを適用する

ファセット化した属性によりNew Relic Oneダッシュボードにフィルターを適用し、ダッシュボードをよりインタラクティブなものとし使いやすくできます。

ファセットによるフィルタリングを使用する理由

New Relic Oneダッシュボードでは、FACET句を含みその他のチャートタイプ要件を満たすNRQLクエリについて、ファセット化した属性を設定して、現在のダッシュボードや関連するリンクしたダッシュボードにフィルターを適用できます。ダッシュボードのフィルタリングを迅速に行い、フィルターを適用済みのダッシュボードにリンクすることで、ダッシュボードをよりインタラクティブなものとし使いやすくできます。

この機能は、新規のチャートをダッシュボードに追加、または既存のダッシュボードでチャートを編集する際に利用できます。

実際のこの機能については、使用例をご覧ください。

要件

この機能を使用するための要件:

ファセットによるフィルタリングの使用例

New Relic Oneで、既存のダッシュボードについての、次のファセットを含むNRQLクエリを作成しているとします。

facetfiltering01bis.png

one.newrelic.com > Dashboards: FACET句を含みチャートタイプの要件を満たすクエリについては、この属性を設定して簡単なダッシュボードフィルターとして使用できます。属性を使用して、現在開いているダッシュボードにフィルターを適用、または選択した関連するダッシュボードにフィルターを適用できます。

現在のダッシュボードにフィルターを適用を選択すると、そのチャートが使用され、利用可能なuserAgentName属性により現在のダッシュボードにフィルターが適用されます。この属性の1つを選択し、そのダッシュボードにフィルターを適用するとこうなります。選択した属性は、上部の検索バーでフィルターとして表示されることに注意してください。

facetfiltering02.png

one.newrelic.com > Dashboards: ファセットによるフィルタリングで設定した属性を選択すると、現在のダッシュボードにフィルターが適用されます。

この機能の詳細については、ファセットによるフィルタリングについてのExplorers Hubの投稿をご覧ください。

FACET CASES句とのリンクファセット

FACET CASESは、条件に基づいてファセットをグループ化できるNRQL関数です。同じファセット内で複数のケースがサポートされています。

例えば、アプリケーションにクエリしようとしている時に、クラウドに移行済みのものと、移行されていないものが分からない場合を例に考えてみます。

SELECT filter(count(*), WHERE duration > 1) as 'On-premises', filter(count(*),
WHERE duration < .06) as 'AWS'
FROM Transaction WHERE appName NOT LIKE '%Tower%' FACET appName LIMIT 5 since 5 minutes ago

facet_cases_01.png

FACET casesを使用することで、条件を追加して、移行ステータスを取得できます。

SELECT count(*) FROM Transaction WHERE appName NOT LIKE '%Tower%'
facet cases(WHERE appName = 'WebPortal' OR appName = 'Plan Service' as '% of Hosts On-Prem',
WHERE appName != 'WebPortal'
AND appName != 'Plan Service' as '% of Hosts in Cloud')
since 10 minutes ago limit 100

facet_cases_02.png

次に、ファセットリンクを使用して、これらのファセットでダッシュボードをフィルターできます。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.