• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ユーザー、ロール、パーミッション(オリジナルのユーザーモデル)

元のユーザーモデルのユーザーの場合:このモデルでユーザーの役割と権限がどのように機能するか、およびユーザーを追加および管理する方法。

要件

このセクションのドキュメントでは、 オリジナルのユーザーモデル でユーザーを管理する方法を説明します。 Users and roles UI にユーザーが表示されている場合、それらのユーザーはオリジナルのユーザーモデルにいます。

New Relic ユーザーが持つことができるセッションと IP アドレスの数には制限があります。詳細については、 アクセスに影響を与える要因を参照してください。

新しいユーザーモデルに関する最新情報

2020年7月に、組織とユーザーの管理方法に関して多くのメリットを提供する新しいユーザーモデルをリリースしました。当初、これは新規のサインアップでのみ利用可能でしたが、時間の経過とともに、古い顧客を新しいモデルに移行してきました。一部の古い顧客は、ユーザーの移行をセルフサービスできます。元のモデルが完全に非推奨になるまで、ユーザーを新しいモデルに移行する作業を続けます。

新しいユーザーモデルの影響の1つは、ユーザーが同じ電子メールに複数のログインを関連付けることができるようになったことです。たとえば、複数の組織(請負業者など)にアクセスできるユーザーは、1つの組織でユーザーレコードを新しいユーザーモデルに更新し、その結果、元のログイン方法とレコード、および新しいモデルのユーザーレコードの両方を持つことができます。これにより、ユーザーがNew Relicにログインし、探しているアカウントを見つけることができなくなる可能性があります。詳細については、 アクセスに影響を与える要因を参照してください。

ユーザーの電子メールが複数のログインに関連付けられている場合、ログイン時に「複数のアカウントが見つかりました」というメモが表示されます。

UIでのユーザーの表示と管理

ユーザーとロールの UI は、元のユーザー モデルでユーザーを管理するために使用されます。この UI を見つけるには、ユーザー メニューをクリックし、[アカウント設定] をクリックしてから、[ユーザーと役割] をクリックします。

新しい使用量ベースの料金モデルを使用している場合は、いくつかの重要な考慮事項を参照してください。

また、 New Relic REST API を使用して、アカウントのユーザーのリストを取得することもできます。

ここでは、一般的なユーザー管理のタスクやシナリオについて、手順や注意点を説明します。

ユーザータイプ

使用量ベースの価格設定モデルを使用している組織の場合、ユーザータイプが課金要素になります。

ユーザーのユーザータイプは、そのユーザーに許可されている New Relic の機能の最大セットを規定するものです。実際には、ユーザーには ロール が割り当てられていて、さまざまな方法で機能が制限されていることが多いのですが、ユーザータイプは理論上の最大の機能セットを表します。詳細については、 ユーザータイプ を参照してください。

組織内のユーザーが異なるアカウントで異なるユーザータイプに設定されている場合、そのユーザーは最も高いユーザータイプとみなされます。

ユーザーのタイプを編集する方法については、 Manage user type を参照してください。

アカウントの役割

デフォルトで用意されている役割は以下の通りです。

アカウントの役割

説明

オーナー

最初に New Relic アカウントを作成し、すべての 請求クエリを受け取る人 。1 つの New Relic アカウントには 1 人のオーナーしかいません。オーナーは、 すべてのアカウント情報に完全にアクセスすることができます

アドミン

ユーザーの追加、編集、削除が可能 、機能を有効にしたり、設定したりすることができます。

ユーザー

New Relic の機能を使用することができる(オプションで設定することもできる)。一般的には、Admins が機能の設定に責任を持ち、Users と Restricted Users が機能を使用できます。

制限付きユーザー

New Relic のすべての機能を見ることができる(設定や変更はできない)1人または複数の個人。

Restricted User ロールは、デモなどに便利です。制限付きユーザーのログインがタイムアウトしないように、New Relic セッション設定 を変更して、ユーザーインターフェースを キオスク モードに設定することができます。

追加の役割

アドオンロールを使用すると、ユーザーに対してより具体的できめ細かいアクセス権を付与することができます。ユーザーまたは制限付きユーザーのアドオンマネージャーにアクセス権を与えると、その機能カテゴリに対して Admin と同等の能力が付与されます。他のすべての New Relic 製品については、引き続き User または Restricted User の能力を持つことになります。たとえば、社内のソフトウェアエンジニアをユーザーとし、彼らに APM manager ロールを割り当てて、APM 機能を付与することができます。

アラートマネージャの機能UIのビュー

親アカウントの個人は、その親アカウントのすべての子アカウントに対して、自動的に同じレベルのアクセス権を持ちます。

アドオンマネージャーの役割は以下の通りです。

  • アラートマネージャー
  • APMマネージャー
  • アプライドインテリジェンスマネージャー
  • ブラウザーマネージャー
  • データ保持責任者
  • インシデントインテリジェンスマネージャー
  • インシデントワークフローマネージャー
  • インフラストラクチャー・マネージャー
  • インサイトマネージャー
  • チームメイトのメールマネージャーを招待する
  • ログマネージャー
  • モバイルマネージャー
  • Nerdpackマネージャー
  • シンセティクスマネージャー
  • トレースオブザーバーマネージャー
  • ワークロード・マネージャー

ロールが持つ機能を理解するには、 ユーザー メニュー> アカウント設定 > ユーザーとロール > ロールに移動し、特定のロールを選択します。特定の機能の説明を表示するには、機能に移動します。

ここでは、アドオンマネージャーの役割のいくつかを詳しくご紹介します。

特定の機能の説明を表示するには、機能に移動します。

カスタムおよびアドオンの役割を管理する

以下に、管理されたアドオンロールとカスタムアドオンロールの両方を管理するためのオプションを示します。

アカウント権限

以下の表は、ロールとその権限の概要を示しています。これらは、 のオリジナルユーザーモデル にのみ適用されるロールであることに注意してください。

親アカウント のユーザーは、その親アカウントのすべての子アカウントに対して同じレベルのアクセス権を持っています。 ただし、それらのユーザーは、子アカウントのアラートやウィークリーレポート の電子メール通知を、それらのアカウントで明示的に許可されていない限り受け取ることはできません。

働き

オーナー

アドミン

ユーザー

制限付き

課金情報の維持.

アカウントの変更 オーナー.

アカウントのAdmins、Users、Restricted Usersの追加、更新、削除.

アカウントオーナーやアドミンが個人をアカウントに追加すると、New Relic は自動的にその個人にメールメッセージを送信します。

ユーザーのジョブタイトルとロールを更新する New Relic UI の Account settings から。

子アカウント から アカウント設定 を New Relic UI で作成、変更、削除します。

自分のアカウント情報 (名前、 パスワード変更 または パスワードリセット要求 、デフォルトアカウント、メール設定など)は、New Relic UI の ユーザー設定 から更新します。

他の人のパスワードを変更する。

オーナーや管理者であっても、そのアカウントの他の人のパスワードをリセットすることはできません。代わりに、標準的な手順に従って パスワードリセット を New Relic にリクエストしてください。

New Relic UI の(ユーザー メニュー) > アカウント設定 > アカウント > 概要からアカウントの個人のリストを表示します。

管理 柔軟なデータ保持.

NewRelicへのアプリケーションのサブスクライブとサブスクライブ解除

プロアクティブな検出構成を追加、更新、および削除します。

New Relic へのアクセスについて、さらにご質問がありますか? アクセスに影響する要因 をご覧ください。

ユーザー一括管理

一括ユーザーアクション 機能を使えば、複数のユーザーを一度に追加、更新、削除することができます。これは以下のような場合に役立ちます。

  • 複数の新入社員が入社した際のロールの追加
  • 複数の社員が退職する際のロールの削除
  • 複数の社員にAdminの役割を与える

ユーザーを一括で更新

一括してユーザーアクションを行う際の重要なルールと推奨事項をご紹介します。

  • 自分のロールやOwnerのロールを更新することはできません。
  • 既存のユーザーのEメールアドレスや名前を編集することはできません。
  • 既存のユーザーを削除して再度追加するような編集は、意図しない結果を招く可能性があるため、避けるべきです(例えば、元のユーザーに関連付けられていたAPIキーが失われます)。

オリジナル・ユーザー・モデル のユーザーに対して、新しいユーザー・ロールの追加、既存のユーザー・ロールの更新、またはユーザー・ロールの削除を行うには、次のようにします。

  1. ユーザー メニュー> アカウント設定 > ユーザーと役割に移動し、URL の末尾に/bulk_actionsを追加します。

    例のURLです。

    https://account.newrelic.com/accounts/123456789/users/bulk_actions
  2. バックアップCSVファイルのダウンロード 。バックアップファイルをダウンロードすると、変更前のアカウントのユーザーの記録が残り、誤って削除してしまったユーザーを簡単に再追加することができます。

  3. ユーザーのCSVまたはCSVテンプレートをダウンロードします。各一括アクション(追加、更新、または削除)には、独自のCSVファイルが必要です。 New Relicは、アカウント番号、日付、および実行されている一括アクションを使用してファイルを保存することをお勧めします。例えば: account_123456789_delete_users_2018-06-29

  4. 選択した一括アクションを適用するロールを持つユーザーのみを、このシートに入力します。ロールを変更したくないユーザーをスプレッドシートから削除します。

    バルクアクション

    フィールド

    追加

    必須項目:ユーザーのEメール、名前、 タイプ 、ベースの役割

    オプションフィールド: アドオンロール

    アップデート

    必須項目:ユーザーのEメール(編集不可)、名前(編集不可)、ベースロール

    オプションフィールド: アドオンロール

    削除

    必須項目:ユーザーのEメールのみ

  5. UIで、CSVアクションを選択します: 追加更新削除 CSVファイル内に記載されているユーザーを追加します。

  6. 新しいCSVをアップロードして、 Save changes を選択します。

バルクユーザー管理のトラブルシューティング

CSVファイルのアップロード中に誤ってユーザーを削除したり変更したりした場合、別のCSVファイルのアップロードで再びユーザーを追加することができます。

重要

ユーザーを削除して再度追加すると、関連するパーミッションが失われることがありますのでご注意ください。例えば、関連するAPIキーは再度追加する必要があります。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.