• /
  • ログイン
  • 無料アカウント
Docs

New Relic Oneユーザーモデル:ユーザー構造を理解する

New Relic One ユーザーモデル

2020年半ばに、NewRelicはNew Relic Oneユーザーモデルと呼ばれる新しいユーザーモデルをリリースしました。このユーザーモデルのユーザーは次のとおりです。

重要

2020年7月30日より前からNew Relicをご利用の場合、ユーザーは元のユーザーモデルを使用している可能性があります。詳細については、価格とユーザーモデルの変更をご覧ください。

このドキュメントでは、次のようなNew Relic Oneユーザーモデルの構造について説明します。

ユーザーを追加および管理する方法については、ユーザー管理を参照してください。

ユーザータイプ:基本およびフル

ユーザータイプにより、ユーザーがアクセスするモニタリングおよび分析機能が決定します。ユーザータイプは、請求での重要な要因です。

2つのユーザータイプがあります。

  • 基本ユーザー。詳細:
    • このユーザーは無料で、データのレポートの設定やデータのクエリの実行、カスタムチャートやダッシュボードの作成、アラート通知の設定などの基本的な機能にアクセスできます。基本ユーザーは、Full-Stack Observability機能にアクセスできません(詳細は、機能をご覧ください)。
    • これらのユーザーをデフォルトの管理者グループに割り当てることはできません。
    • 割り当てられているカスタムグループに関係なく、基本ユーザーが使用できるのは常に基本ユーザーの機能です。それ以上でもそれ以下でもありません。
    • 基本ユーザーは、自分でアップグレードしてフルユーザーにすることができます(元のユーザーモデルのユーザーを除く)。基本ユーザーが、フルユーザーのみに割り当てられた機能にアクセスしようとすると、自分でアップグレードするように求められます。
  • フルユーザー。詳細:
    • このユーザーは請求の対象であり、APMやインフラストラクチャモニタリング、ブラウザモニタリング、モバイルモニタリング、合成モニターなど、キュレート済みのUIを含むFull-Stack Observability機能にアクセスできます。詳細については、機能をご覧ください。
    • これらのユーザーは、デフォルトの管理者グループに追加できます(基本ユーザーは追加できません)。
    • Standard の価格ティアには、1人の無料フルユーザーが含まれ、合計で最大5人のフルユーザーが含まれます。

ヒント

元の価格設定からNew Relic Oneの価格設定に切り替えている場合ユーザーのアップデートについて調べるか、ユーザー関連の請求の計算の詳細を確認してください。

基本ユーザーとフルユーザーについて詳しく理解するには:

デフォルトのユーザーグループ:管理者とユーザー

重要

これは、New Relic Oneユーザーモデルのユーザーに適用されます。元のユーザーモデルにユーザーがいる場合、元のユーザーのドキュメントをご覧ください。

ユーザーグループを使用すると、複数のユーザーを同時に管理できます。New Relicユーザーはグループに割り当てられ、そのグループには特定のロールと特定のアカウントへのアクセスが許可されます。

フルユーザーに使用可能なデフォルトのユーザーグループは2つあります。

  • ユーザー: このグループに誰かを追加すると、モニタリング/分析機能を使用して構成できますが、請求やユーザーの管理などのアカウント関連のタスクは実行できません
  • 管理者: このグループに誰かを追加すると、ユーザーグループの機能が提供され、請求関連の設定の管理やユーザーの管理など、アカウント/組織関連の機能にアクセスできるようになります。

これらのデフォルトグループが持つロールと機能を参照してください。

Pro ティアと Enterprise ティアのアカウントは、独自のカスタムロールとカスタムグループを作成できます。

ロールと機能

重要

これは、New Relic Oneユーザーモデルのユーザーに適用されます。元のユーザーモデルにユーザーがいる場合、元のユーザーのドキュメントをご覧ください。

ロールは機能のセットです。機能とは、「アラート条件の削除」など、特定のNew Relicタスクを実行する能力として定義されます(その他の例を参照)。

ここで、いくつかのデフォルトの標準ロールを提供します(以下)。Pro ティアと Enterprise ティアのアカウントは、独自のカスタムロールを作成できます。

標準ロール

標準ロールは、いくつかの一般的に必要な使用事例を満たすデフォルトの機能セットです。これらの標準ロールは、デフォルトの管理者およびユーザーグループに割り当てられますが、これらのロールをカスタムグループに割り当てることもできます。

[

ほとんどの標準の役割には、固有の機能があり、カスタムの役割では複製できません。例えば、請求管理機能をユーザーに割り当てるには、ユーザーに請求ユーザーロールを割り当てる必要があります。カスタムロールで請求管理機能を割り当てることはできません。カスタムロールで複製できる唯一の標準ロールは、読み取り専用標準ユーザー、およびすべての製品管理者です(このロールは、使用可能なすべての機能を選択するのと同じです)。

標準ロールの内容:

標準ロール

範囲

説明

読み取り専用

アカウント

New Relicプラットフォームへの読み取り専用アクセスを提供します(合成モニターのセキュア資格情報を除く)。

標準ユーザー

アカウント

ほとんどのモニタリングツールを設定するための機能を含む、プラットフォームへの標準アクセスを提供しますが、アカウントレベルの設定や合成モニターのセキュア認証情報など、より機密性の高い設定を行う機能は含まれません。

全製品管理者

アカウント

プラットフォームへの管理者レベルのアクセスを提供します。これには、ユーザーの管理(組織マネージャー認証ドメインマネージャー)および請求関連の設定の管理(請求ユーザー)を除くすべてのNew Relic機能が含まれます。

基本ユーザーは、全製品管理者のロールを持っていますが、Full-Stack Observability機能にアクセスできないものとして定義されています。

請求ユーザー

アカウント

サブスクリプションと請求を管理する機能、およびプラットフォームの他の部分への読み取り専用アクセスを提供します。

組織マネージャー

組織

New Relic Oneユーザーモデルで、ユーザーグループ、ロール、およびユーザーのアクセス許可の設定を表示する機能を提供します。このロールを付与する方法については、ユーザー管理機能の追加を参照してください。

組織の読み取り専用

組織

認証ドメインの設定を表示し、それらのドメインのユーザーを表示する機能を提供します。このロールを付与する方法については、ユーザー管理機能の追加を参照してください。

認証ドメインマネージャー

組織

New Relic Oneユーザーモデルのユーザー向けに認証ドメインを設定し、それらのユーザーを管理する機能を提供します。このロールを付与する方法については、ユーザー管理機能の追加を参照してください。

認証ドメインの読み取り専用

組織

認証ドメインの設定を表示し、それらのドメインのユーザーを表示する機能を提供します。このロールを付与する方法については、ユーザー管理機能の追加を参照してください。

v1ユーザーの管理

アカウント

2020年7月30日より前から存在し、当初のユーザーモデルのユーザーがいるNew Relic組織の場合、このロールを使用すると、これらの「v1」ユーザーを管理できます。

ロールとユーザーグループ

](#group-roles)

デフォルトのユーザーグループは2つあります。ユーザー管理者 これらのグループには、標準ロールが次のように適用されています。

  • ユーザー: このグループには、All product admin(全製品管理者)の標準ロールのみが割り当てられ、一般的なプラットフォームへのアクセスといくつかの基本的な管理機能が付与されます。
  • 管理者: このグループには、すべての標準ロールがあり、完全な管理者機能を提供します。

カスタムグループには、標準ロールまたはカスタムロールを割り当てることができます。

ロールおよびユーザータイプ

ユーザータイプは、基本ユーザーであるかフルユーザーであるかを示します。

基本ユーザーは、全製品管理者標準ロールを持っているが、Full-Stack Observability機能にアクセスできないと定義できます(詳細)。基本ユーザーは割り当てられたグループに関係なく、常に基本ユーザーの機能を備えており、それ以上でもそれ以下でもありません。この結果、わかりづらい影響の1つとして、グループの基本ユーザーが、フルユーザーよりも多くの機能を持つ可能性があります。例えば、最小限の機能でカスタムグループを作成した場合、そのグループのフルユーザーは最小限の機能を持ちますが、基本ユーザーの機能はグループの機能よりも優れているため、そのグループの基本ユーザーはフルユーザーよりも多くの機能を持ちます。

フルユーザーの機能は、割り当てられたグループによって異なります。理論上、すべてのロールと機能にアクセスできます。

詳細については、ユーザータイプを参照してください。

カスタムのロールと機能

カスタムロールの設定に関するヒントについては、カスタムグループとロールの追加を参照してください。

ユーザーの管理

ユーザーを追加する方法、およびカスタムグループとロールを作成する方法については、ユーザーの管理を参照してください。

2020年のユーザーモデルの変更

2020年にユーザーモデルがどのように変更され、これが一部の機能にどのように影響するかを理解したい場合は、ユーザーモデルの変更による影響をご覧ください。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

Docs
問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.