• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

新しいランタイム移行ガイド

合成モニタリングには、パブリックロケーションで使用できる新しいランタイムがあります。新しいランタイムの機能を利用するには、レガシーランタイムを使用して作成された合成モニターを更新することをお勧めします。従来のランタイムから新しいランタイムに変換することで、パブリックモニターが実行されるバックエンド環境を改善します。

切り替えを行うと、次の機能が提供されます。

  • Chrome 100にアクセスできるため、スクリプト化されたブラウザモニターは、顧客が使用しているものと同様のバージョンのブラウザを使用します。
  • 非推奨のrequestライブラリの代わりにgot node.jsライブラリを使用する更新されたスクリプトAPIランタイムへのアクセス。
  • async/await構文のサポート。これにより、スクリプトの作成と保守が簡素化され、古いランタイムの.thenプロミスチェーンとは異なります。
  • ShadowDOMオブジェクトのサポートが向上しました。
  • スクリプト化されたAPIモニター用のカスタムタイミングライブラリ
  • NerdGraph APIにアクセスして、合成モニターの管理を自動化します。

重要

切り替える前に、新しいランタイムのパブリックIP範囲からのネットワーク要求を受け入れるように許可リストを更新したことを確認してください。

この新しいランタイムは、今年後半にプライベートモニタリングロケーション向けにリリースされる予定です。

モニターを新しいランタイムに変換します

既存のモニターは、デフォルトで、作成時に使用されたランタイムになります。重要なモニターが将来のサポート終了プロセス中に破損するのを防ぐために、パブリックモニターを後でではなく早く変換することをお勧めします。

変換する:

  1. one.newrelic.comにアクセスし、[ Synthetics ]をクリックして、編集するモニターを選択します。
  2. [設定]タブで、[全般]をクリックします。
  3. ドロップダウンメニューを使用して、現在のランタイムビューを切り替えます(スクリプト化されたAPIモニターにはノード16を使用し、スクリプト化されたブラウザーモニターにはChrome 100を使用します)。
  4. [検証]をクリックして、モニターが新しいランタイムで機能することを確認します。必要に応じて、スクリプトを変更します。
  5. 保存する。

新しいランタイムでモニターを作成する

新しい単純なブラウザーモニター、スクリプト化されたブラウザーモニター、またはスクリプト化されたAPIモニターを作成すると、新しいランタイムがデフォルトになります。プライベートロケーションのモニターを作成している場合は、レガシーランタイムに切り替える必要がある場合があります。

  1. one.newrelic.comにアクセスし、 Syntheticsをクリックします。
  2. [モニターの作成]をクリックして、作成するモニターの種類を選択します。
  3. [ランタイム]ドロップダウンメニューを使用して、従来のランタイム環境と新しいランタイム環境を切り替えます。
  4. モニターを作成します。

新しいランタイムは従来のランタイムと下位互換性がありますが、できるだけ早く新しい環境に変換することをお勧めします。

NerdGraphを使用してモニターを管理する

合成モニターのサポートをNerdGraphAPIに拡張しました。 NerdGraphを使用してモニターを管理することにより、次のことが可能になります。

  • 以前はRESTAPIでサポートされていなかった、証明書チェックモニター、リンク切れモニター、およびステップモニターの管理。
  • スクリプト化されたモニターを作成するための簡略化されたプロセス。
  • REST APIで必要な2回の呼び出しではなく、1回の呼び出しでスクリプトモニターにスクリプトをアタッチする機能。
  • モニターにタグを追加する機能。

REST APIとは異なり、NerdGraphを使用すると、壊れたリンクステップ、および証明書チェックモニターをプログラムで作成できます。

スクリプト化されたAPIモニターでカスタムタイミングの詳細を取得する

レガシーランタイムで$httpオブジェクトまたはrequestモジュールを使用すると、スクリプト化されたAPIモニターの一部がタイミングの詳細を報告できるようになりました。結果の詳細は、スクリプトログ、チェック結果(pass / fail)に限定されており、Node.jsモジュールでは使用できませんでした。

新しい合成監視ランタイムには、デフォルトの$httpオブジェクトを使用するときにすぐに使用できるタイミングの詳細が含まれています。他のNode.jsモジュールを使用するときにカスタムタイミングの詳細を取得するには、 $harライブラリを使用してNewRelicにレポートします。

非推奨の機能

新しいランタイムには、構文の変更やその他の非推奨が含まれています。スクリプトブラウザモニターのスクリプト構文を変更する新しい言語を導入しています。ほとんどの場合、新しいランタイムは従来のランタイム構文と下位互換性があります。アップグレードプロセス中にモニターが破損しないようにするために、スクリプトログ出力で非推奨の警告を受け取る場合があります。

非推奨

新規(該当する場合)

なんで?

$browser

$webDriver

$browserは、Selenium WebDriver 3.6との下位互換性を提供しますが、$webDriverを使用すると、SeleniumWebDriver4.1構文を使用できます。

$driver

$selenium

$driverはSeleniumWebDriver3.6との下位互換性を提供し、$seleniumはSeleniumWebDriver4.1構文を使用できるようにします。

ホワイト/ブラックリスト

許可/拒否リスト

New Relicは包括性に取り組んでいます。これについては、多様性、公平性、包括性のページで詳しく読むことができます。

SeleniumWebDriverプロミスマネージャー/制御フロー

async/awaitまたは.thenを使用してpromiseを処理します

Selenium WebDriverのpromiseマネージャー/制御フローにより、promise /非同期関数を手動で管理しなくても、一部の関数を順番に実行できました。これはSeleniumWebDriver4.0で削除され、新しいランタイムでは使用できません。すべての非同期関数とpromiseは、 awaitまたは.then promiseチェーンで管理する必要があります。これにより、スクリプト関数が期待どおりの順序で実行されるようになります。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.