• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

シンセティック・モニタリング・データにカスタム属性を追加

重要

2021年4月12日現在、インサイトをアップグレードしてウェブとモバイルエクスペリエンスを向上しています。インサイトのすべてのURLは、New Relic Oneに対応するダッシュボードに自動的に転送されます。この移行およびこの移行の簡単な計画方法の詳細については、エクスプローラーハブの投稿を参照してください。

New Relic の $util.insights は、シンセティックモニタリングから報告される イベント を設定・操作するためのツールセットです。 $util.insights ツールセットに insights という言葉が含まれているのは、New Relic が問い合わせ可能な イベントデータ を保存する手段として、歴史的に Insights が使われていたからです。

カスタムデータは、 SyntheticCheck event に、接頭辞 custom を付けて、カスタム属性として追加することができます。これらの属性は、イベントの のデフォルト属性 に追加されます。

互換性

この機能は、 モニターのバージョン0.2.0以降で利用可能です。

関数

機能

戻り値

$util.insights.set(key: string, value: ?)

キーと値のペアを設定します。

ボイド

$util.insights.get(key: string)

指定されたキーに対応する値を返します。

オブジェクト

$util.insights.getKeys()

現在設定されているキーの配列を返します。

オブジェクト

$util.insights.has(key: string)

キーがデータ内に存在する場合は 真を返します。

boolean

$util.insights.unset(key: string)

キー/バリューペアを削除します。

ボイド

$util.insights.unsetAll()

すべてのカスタムデータを削除します。

ボイド

この例では、New Relic の RSS ステータスフィードから最新のインシデントを取得し、このイベントの詳細を保存しています。

var parseString = require('xml2js').parseString;
// Get the New Relic status RSS feed
$http.get('https://status.newrelic.com/history.rss', function(err, response, body) {
parseString(body, function(err, result){
// Parse the RSS, and get the latest incident
var latestIncident = result.rss.channel[0].item[0];
// Push the incident details to New Relic
$util.insights.set('Incident', latestIncident.title[0]);
$util.insights.set('Description', latestIncident.description[0]);
$util.insights.set('Date', latestIncident.pubDate[0]);
});
});

この例でNew Relicに送信されたインシデントデータを表示するには、次のクエリを使用します。

FROM SyntheticCheck SELECT latest(custom.Date), latest(custom.Incident), latest(custom.Description) WHERE monitorName = "Monitor Name Here"
問題を作成する
Copyright © 2022 New Relic Inc.