• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

合成モニタリングデータにカスタム属性を追加する

New Relicの$util.insightsは、合成モニタリングから報告されたイベントを設定および操作するためのツールのセットです。

カスタムデータを、プレフィックスcustomのカスタム属性としてSyntheticCheckイベントに追加できます。これらの属性は、イベントのデフォルト属性に追加されます。

互換性

この機能は、 モニターバージョン0.2.0以降で使用できます。

関数

働き

戻り値

$util.insights.set(key: string, value: ?)

キーと値のペアを設定します。

空所

$util.insights.get(key: string)

指定されたキーの値を返します。

物体

$util.insights.getKeys()

現在設定されているキーの配列を返します。

物体

$util.insights.has(key: string)

キーがデータに存在する場合はtrueを返します。

ブール値

$util.insights.unset(key: string)

キーと値のペアを削除します。

空所

$util.insights.unsetAll()

すべてのカスタムデータを削除します。

空所

この例では、New RelicのRSSステータスフィードから最新のインシデントを取得し、このイベントの詳細を保存します。

var parseString = require('xml2js').parseString;
// Get the New Relic status RSS feed
$http.get('https://status.newrelic.com/history.rss', function(err, response, body) {
parseString(body, function(err, result){
// Parse the RSS, and get the latest incident
var latestIncident = result.rss.channel[0].item[0];
// Push the incident details to New Relic
$util.insights.set('Incident', latestIncident.title[0]);
$util.insights.set('Description', latestIncident.description[0]);
$util.insights.set('Date', latestIncident.pubDate[0]);
});
});

この例でNewRelicに送信されたインシデントデータを表示するには、次のクエリを使用します。

FROM SyntheticCheck SELECT latest(custom.Date), latest(custom.Incident), latest(custom.Description) WHERE monitorName = "Monitor Name Here"
Copyright © 2022 New Relic株式会社。