• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

セキュリティブルテンNR21-02

概要

Javaエージェントのセキュリティアップデートにより、YAMLパーサーがSafeConstructorを含むように再構成され、制限付きのユーザー制御コードを実行させる機能が削除されました。

発売日: 2021年4月26日

脆弱性の識別子: NR21-02

Priority: Low

対象となるソフトウェア

以下のNew Relicエージェントのバージョンが影響を受けます。

名前

影響を受けるバージョン

リメディエーション版

Javaエージェント

< 6.4.2

6.5.0

脆弱性情報

指定された記法が、安全でない Yaml.load() 呼び出しによって解析されると、新しい Java オブジェクトが作成され、そのコンストラクタが呼び出され、コードが実行される可能性があります。攻撃者は、エージェントのホストにアクセスして newrelic.yml ファイルを編集し、エージェントの起動時に任意のコードを実行するような細工を施したペイロードを含める必要があります。

緩和要因

この脆弱性は、攻撃者が既にホストにアクセスして、被害者のマシン上の newrelic.yml 設定ファイルを変更する必要があり、これ自体は緩和要因となります。しかし、この問題を完全に修正したり、システムを強化したりするためには、さらにいくつかの手順を踏む必要があります。

  • Javaエージェントを更新して、この脆弱性を修正する
  • newrelic.yml ファイルへの書き込み権限を剥奪する。

回避策

セキュリティの脆弱性をNew Relicに報告

ニューレリックは、お客様とお客様のデータのセキュリティを重視しています。私たちの製品やウェブサイトにセキュリティ上の脆弱性を発見された場合、New Relic の協調的開示プログラムに報告していただくことを歓迎し、大変感謝しています。詳細については、 セキュリティ脆弱性の報告に関するドキュメント をご覧ください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.