• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

セキュリティブルテンNR18-08

概要

Node.js エージェントのセキュリティ アップデートにより、 https-proxy-agentモジュールの脆弱性が修正されます。

発売日: 2018年4月12日

脆弱性の識別子: NR18-08

Priority: Low

対象となるソフトウェア

以下のNew Relicエージェントのバージョンが影響を受けます。

名前

影響を受けるバージョン

メモ

リメディエーション版

Node.jsエージェント

すべて

4.0.0

脆弱性情報

New Relic Node.js エージェントは、オプションとしてhttps-proxy-agentを使用して、HTTP または HTTPS プロキシ サーバー経由でNew Relic コレクターにデータを送信します。Node.js エージェントは、初期化されていないメモリの公開とサービス拒否に対して脆弱なバージョンのこのモジュールを使用していました。この修正により、モジュールが脆弱でないバージョンに更新されます。

緩和された状況

この脆弱性を解消するためには、エージェントのプロキシ認証の設定を管理する必要があります。

回避策

New Relicでは、この脆弱性に対する回避策は確認されていません。

セキュリティの脆弱性をNew Relicに報告

ニューレリックは、お客様とそのデータのセキュリティを重視しています。私たちの製品やウェブサイトにセキュリティ上の脆弱性を発見したと思われる場合は、New Relic の協調的な情報開示プログラムに報告していただくことを歓迎し、大変感謝しています。詳細については、 Reporting security vulnerabilities をご覧ください。

さらにヘルプが必要

その他のドキュメントリソースは以下の通りです。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.