• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

NRQL コンソールを使用して、New Relic のどこにいてもデータを照会できます。

NRQL コンソールは、 New Relic One のどこにいても、何をしているかのコンテキストを維持しながら、データを照会するための素早い方法です。サービスを監視しているときも、問題のトラブルシューティングをしているときも、プラットフォームを見ているときも、NRQL コンソールを使えば、現在のビューから離れることなく、クリックするだけでデータを探索して、見ているものについて詳しく理解することができます。あなたのデータを照会して速くなる

ヒント

New Relic のクエリ言語である NRQL は初めてですか? ドキュメントで詳細をご覧ください。

NRQLコンソールの使用

ヒント

NRQLコンソールはデフォルトでは表示されません。有効または無効にする場合は、UIの右上隅にあるアバターをクリックして、ユーザー設定に移動します。

NRQL コンソールは、データ探索のためにどこでも利用できる薄くてエレガントなバーです。使い方はとても簡単です。

  1. NRQL コンソールは、UI の下部にあります New Relic One のどこかにあります。遍在しています。

    • NRQL コンソールを使用して、クエリをクリックして確認することもできます。 View query at the ... chart action menu in any widget from your dashboards.
  2. クエリを入力してください。このコンソールには、オートコンプリートとシンタックスハイライトが付いています。

  3. クエリを実行すると、それをビジュアル化したものが表示されます。

    • NRQL コンソールで実行したすべてのクエリは、 「Recent queries」 タブの 「query builder」 に表示されます。
  4. ダッシュボードに結果を保存することができます。

  5. 高度なカスタマイズを行うには、クエリビルダでクエリを開きます。クエリを完成させ、可視化タイプの変更、Y軸の設定、データのフォーマットなどを行うことができます。

  6. 問い合わせが終わったら、コンソールを最小化して、後で必要になったときに問い合わせを残すこともできますし、 x を押して問い合わせを消去することもできます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.