• ログイン

エラーページ:問題の検索、修正、および検証

有効期限(EOL)の通知

2022年3月をもって、エラークラシックUIを含む一部の機能のサポートを終了します。この移行の簡単な準備方法などの詳細については、エクスプローラーハブの投稿を参照してください。

Errors UIを使用すると、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を与えるコード行を確認し、問題を再現するのに十分なデータを取得して修正できます。これにより、本番環境で修正が機能していることを確認できます。

エラータブを使用すると、以下が行えます。

  • イベントをグループ化およびフィルタリングして、重要なエラーに優先順位を付けます。
  • エラーに関するアラート通知を受け取ります。
  • スタックトレース、ログ、およびその他の詳細を確認します。
  • チャートやダッシュボードでエラー情報を共有します。
  • インストゥルメンテーションを使用して新しいエラーを報告し、特定のエラーの報告を防止し、予期されるエラーを使用してノイズの多いエラーを除外します。

APM エラーページを表示する

エラーページを表示するには:

  • one.newrelic.com > APM >(アプリを選択)に進み、選択したアプリのSummaryページでError rateテーブルのタイトルをクリックします。

    または

  • one.newrelic.com > APM >(アプリを選択)> Events > Errorsの順に移動します。

APM Errors UI:**エラー率チャートには、フィルターが適用されている場合でも、常にすべてのエラーの割合が表示されます。さらにドリルダウンするには、上位5チャートとエラートレーステーブルについてグループ化とフィルターのオプションを使用します。Instance**ドロップダウンを使用して、特定のインスタンスにフォーカスします。

エラーワークフローを使用して問題を特定する

基本的なワークフローを使用して、エラーページで表示される情報を最大限に活用する方法を説明します。

  1. まず、エラー率チャートを見渡し、想定外の急上昇、急降下、パターンがないか確認します。
  2. 上位5つのエラーチャートの一般的なパターンと、同一期間に発生したアラートを関連付けます。グループとフィルタを使用して、エラーイベントや属性を詳細に調べ、エラーメッセージ、トランザクション名、またはその他のグループのパターンを探します。
  3. 以下に示す特定のスタックトレースの詳細、ログ、および属性(ホスト、URL、ユーザー、カスタムアトリビュート)を含む、エラートレーステーブルの情報を調査して共有します。
  4. また、エラープロファイルページを確認して、エラーが発生したトランザクションと発生しなかったトランザクションの間でこれらの値の頻度を比較することにより、どの属性値がエラーの原因と相関している可能性があるかを調査します(旧式のUIのみ)。

エラーの詳細についてログを調べる

ログとアプリケーションのデータを統合して、トラブルシューティングをより簡単かつ迅速に行うことができます。コンテキストのログでは、エラーとトレースに関連するログメッセージをアプリケーションのUIで直接表示できます。

  1. Errorsページでエラーをクリックして、Error detailsページに移動します。
  2. エラー詳細ページで、See logsをクリックします。
  3. 各ログメッセージに関連する詳細を表示するには、メッセージを直接クリックしてください。

また、Kubernetesクラスタなど、インフラストラクチャデータのコンテキストでログを表示することもできます。別のUIページに切り替える必要はありません。

想定されたエラー

ノイズの多いエラーを「予期されるエラー」としてマークすることで、そのようなエラーを減らします。このようなエラーは、報告されたエラー率やApdexメトリクスには影響しません。詳細については、エラーの管理を参照してください。

予期されるエラーは、デフォルトではエラーページに表示されません。Group by(グループ別)バーの下にあるShow N expected errors(N個の予期されるエラーを表示)スイッチをオンにすることで、それらのエラーを表示できます。

トランザクション外のエラー

New RelicエージェントAPIを使用すると、コードの実行中の任意の時点でカスタムエラーを記録できます。時折、このようなカスタムエラーは、HTTPトランザクションを処理しない大量の非同期コードなど、トランザクションが実行されていないときに発生する場合があります。

トランザクション外のエラーはデフォルトでエラーページに表示されますが、[Group by(グループ別)] バーの下にある[Show N errors outside transactions(トランザクション外のエラーを表示)] スイッチをオフにすることで非表示にできます。

エラーデータの期間を選択する

タイムピッカーを使用して、過去1週間のエラーイベントの詳細を調べます。エラーイベントビューは、過去8日間に収集されたデータの最大7日間の時間枠で使用できます。

時間枠が今すぐ終了する場合、カウントに若干の違いが生じます。これは、リストのカウントとテーブルのカウントが、ページの自動更新とわずかに異なる時間にリクエストされるためです。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.