• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

APMエージェントのAPIをログのコンテキストで使用する

ログデータをAPMのエラーや分散型トレースなどの他の遠隔測定データと相関させるためには、当社の logs in context solutions をご利用いただけます。お使いのロギング・フレームワークが、弊社の既存のログ・イン・コンテキスト・ソリューションで利用できない場合は、APIコールを使用してロギング・ライブラリを設定し、ログにアノテーションを付けることができます。

APMエージェントのトレースメタデータとリンクメタデータのAPI

ログ・イン・コンテキストのために適切にアノテーションされたログを取得するには、お使いのAPMエージェントで以下のAPIコールを使用します。これらのAPIは、必要なトレースメタデータと、ログデータを他のNew Relicデータにリンクさせるためのリンクメタデータを渡します。

APMエージェントのAPIです。

APMエージェント

APIコール

C SDK (n/a)

Log APIのドキュメント をご覧ください。

Go

Java

.NET

Node.js

PHP

Python

Ruby

ログを正しくアノテーションするためのリソース

トレースメタデータとリンクメタデータAPI を使用してログにアノテーションを施し、ログのコンテキストを確認する方法の詳細については、GitHub にある APM エージェントの仕様を確認してください。これらの仕様には、必要なフィールドと適切にフォーマットされた出力が含まれています。

また、コンテキスト拡張機能に手動でインストールされた独自のログのソースコードを確認して、これらのAPIの使用方法を確認してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.