• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ログフォワーディングのためのAWS FireLensプラグイン

ログデータを既に AWS FireLens で監視している場合、弊社のFireLensインテグレーションを使用して、New Relicでログデータを転送し、リッチ化することができます。この統合は、弊社の Fluent Bit 出力プラグインをベースに構築されています。

FireLensのログをNew Relicに転送することで、ログデータの収集、処理、探索、クエリ、アラートなどのログ管理機能が強化されます。

基本的な手順

ログ管理機能を有効にするには

  1. 持っているか確認してください。
  1. FireLens log router container をサイドカーとして実行するように設定します。(サイドカーとは、サービスの中核となる責任の一部を、中核となるアプリケーションと一緒にデプロイされるコンテナ化されたモジュールに移す方法です)。
  2. アプリケーションコンテナの設定.
  3. いくつかのトラフィックを生成し、数分待ってから、 あなたのアカウント のデータをチェックしてください。

FireLensのログ・ルーター・コンテナの設定

New Relic では、Fluent Bit イメージを使用して、FireLens ログルーターコンテナを設定します。このコンテナは、アプリケーション・プラグインからのすべてのログ・ルーティングを処理します。

FireLensからNew Relicにログを転送するために。

  1. 既存のECSタスク定義に、Firelensログ・ルーターとして機能するサイドカー・コンテナを追加します。ECSのログ・ルーティングの設定については、 Amazon ECS documentation for custom log routing を参照してください。
  2. 推奨画像を、AWSリージョンのNew Relic Fluent Bit出力プラグインの画像に置き換えます。
  3. このコンテナのmemoryReservation属性を設定します。

AWSリージョン

画像のフルネーム

ap-northeast-1

533243300146.dkr.ecr.ap-northeast-1.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

ap-northeast-2

533243300146.dkr.ecr.ap-northeast-2.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

AP-NORTHE-3

533243300146.dkr.ecr.ap-northeast-3.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

ap-south-1

533243300146.dkr.ecr.ap-south-1.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

ap-southeast-1

533243300146.dkr.ecr.ap-southeast-1.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

ap-southeast-2

533243300146.dkr.ecr.ap-southeast-2.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

CA-CENTRAL-1

533243300146.dkr.ecr.ca-central-1.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

EU-CENTRAL-1

533243300146.dkr.ecr.eu-central-1.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

EU-NORTH-1

533243300146.dkr.ecr.eu-north-1.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

EU-WEST-1

533243300146.dkr.ecr.eu-west-1.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

EU-WEST-2

533243300146.dkr.ecr.eu-west-2.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

EU-WEST-3

533243300146.dkr.ecr.eu-west-3.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

sa-east-1

533243300146.dkr.ecr.sa-east-1.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

US-EAST-1

533243300146.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

US-EAST-2

533243300146.dkr.ecr.us-east-2.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

US-WEST-1

533243300146.dkr.ecr.us-west-1.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

US-WEST-2

533243300146.dkr.ecr.us-west-2.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit

例えば:

{
"essential": true,
// Image below is New Relic's fluentbit output plugin available on ECR
"image": "533243300146.dkr.ecr.us-east-2.amazonaws.com/newrelic/logging-firelens-fluentbit",
"name": "log_router",
"firelensConfiguration": {
"type": "fluentbit",
"options": {
"enable-ecs-log-metadata": "true"
}
}
}

アプリケーションコンテナの設定

AWS Secrets Manager(推奨)

タスク定義でNew Relicのライセンスキーが公開されないようにするには、 AWS Secrets Manager サービスを使用することを強くお勧めします。

シークレットを追加するときは、[プレーンテキスト]タブを使用します。シークレットマネージャーにシークレットを追加したら、 logConfigurationブロックを使用してシークレットを参照し、 SECRET_NAMEをAWSシークレットの名前に置き換えることができます。例えば:

"logConfiguration": {
     "logDriver":"awsfirelens",
     "options": {
        "Name": "newrelic"
     },
     "secretOptions": [{
        "name": "apiKey",
        "valueFrom": "arn:aws:secretsmanager:region:aws_account_id:secret:SECRET_NAME"
     }]
}

平文キーの設定

logConfigurationブロックを使用して、 INSERT_API_KEYをNewRelicライセンスキーに置き換えます。構成の詳細については、 GitHubのFireLensタスク定義を参照してください。

"logConfiguration": {
     "logDriver":"awsfirelens",
     "options": {
        "Name": "newrelic",
        "apiKey": "NEW_RELIC_LICENSE_KEY"
    }

構成例

New Relic EUアカウントにログを転送

FirelensからNewRelicEUアカウントにログを転送するには、アプリケーションコンテナのlogConfigurationオブジェクトのoptionsフィールドにプロパティを追加します。

"endpoint": "https://log-api.eu.newrelic.com/log/v1"

ログデータの閲覧

すべての設定が正しく行われ、データが収集されていれば、この2つの場所にデータログが表示されるはずです。

SELECT * FROM Log

当社のログ管理機能を有効にしてもデータが表示されない場合は、当社の 標準的なログのトラブルシューティング手順 に従ってください。

次のステップ

Logs UIを使用して、プラットフォーム全体のログデータを調べます。

ログ転送を無効にする

ログ転送機能を無効にするには、 AWS Firelens documentation に記載されている標準的な手順に従ってください。New Relicでは他に何もする必要はありません。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.