• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

Google Cloud Storageのモニタリング統合

New Relic では、Google Cloud Storage のデータを New Relic にレポートするための 統合 を提供しています。 この統合をインフラストラクチャモニタリングに接続する方法 と、この統合で New Relic がレポートする メトリクスデータ についてご紹介します。

特徴

Google Cloud Storageは、Google Cloud Platformのサービスで、ウェブサイトのコンテンツを提供したり、アーカイブやディザスタリカバリのためにデータを保存したり、データオブジェクトを直接ダウンロードして配布したりするのに使用できます。Google Cloud Storageの統合により、これらの機能にアクセスすることができます。

統合をアクティブ化する

統合を有効にするには、標準的な手順に従って GCP サービスを New Relic に接続してください。

ポーリング頻度

New Relic は、5 分のポーリング間隔で Google Cloud Storage サービスを照会します。

データを見つけて使用する

インテグレーションを New Relic に接続し、数分待つと、New Relic UI にデータが表示されます。ダッシュボードを含む 統合データを検索して使用するにはおよびアラート設定については、 one.newrelic.com > All capabilities > Infrastructure > GCP > Google Cloud Storageに移動します。

統合用のカスタムダッシュボードを作成するには、プロバイダー値GcpStorageBucketを使用してGcpStorageBucketSampleイベントタイプのクエリを作成します

メトリックデータ

統合では、 methodresponse_codeのすべての値のメトリックデータが報告されます。

  • response_code:リクエストのレスポンスコード。
  • method:呼び出されたAPIメソッドの名前。

New Relic が Google Cloud Storage 統合から受け取るメトリックデータには、次のようなものがあります。

メトリック

説明

api.Requests

APIコールのデルタカウント。

network.ReceivedBytes

ネットワーク上で受信したバイトのデルタカウント。

network.SentBytes

ネットワーク上で送信されたバイトのデルタカウント。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.