• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Google Cloud SQLモニタリング統合

New Relic のGoogle Cloud Platform (GCP) との統合には、 Google Cloud SQL のデータを New Relic にレポートする統合があります。このドキュメントでは、GCP SQL インテグレーションを有効にする方法と、レポート可能なデータについて説明します。

機能

Cloud SQLは、クラウド上でMySQLやPostgreSQLのデータベースを構築、維持、管理、運用するためのフルマネージドデータベースサービスです。Cloud SQLは、高いパフォーマンスとスケーラビリティを提供し、ほとんどのアプリケーションからアクセスすることができます。

統合を有効にする

統合を有効にするには、標準的な手順に従って GCP サービスを New Relic に接続してください。

ポーリング頻度

New Relic の統合は、統合に応じて異なるポーリング間隔に従って GCP サービスに問い合わせを行います。Google Cloud SQL のポーリング間隔は 5 分です。解像度は1分ごとに1データポイントです。

データの検索と使用

統合を有効にして数分(ポーリング頻度に基づく )待つと、データが New Relic UI に表示されます。 ダッシュボードやアラート設定へのリンクを含むデータ を見つけて使用するには、 one.newrelic.com > インフラストラクチャー> GCP> (select an integration) をご覧ください。

メトリックデータ

NewRelicでのGCPSQL統合のメトリックデータを表示するには、GcpCloudSqlSampleイベントとその関連属性のNRQLクエリを作成します。

GcpCloudSqlSample

Query GcpCloudSqlSample イベントを New Relic で検索すると、以下の属性のデータが表示されます。

属性

説明

database.AutoFailoverRequestCount

インスタンスのオートフェイルオーバー要求数のデルタ値。

database.AvailableForFailover

これは 0 インスタンス上でフェイルオーバー操作が可能であれば以上です。

database.cpu.ReservedCores

データベース用に予約されているコア数。

データベース.cpu.UsageTime

累積CPU使用時間(単位:秒)。

データベース.cpu.Utilization

予約されたCPUのうち、現在使用されているものの割合です。

database.disk.BytesUsed

データ使用量(バイト)。

データベース.ディスク.クォータ

データディスクの最大サイズ(単位:バイト)。

database.disk.ReadOps

データディスクのリードIOオペレーションのデルタカウント。

データベース・ディスクの使用率

現在使用されているディスククオータの割合です。

database.disk.WriteOps

ディスクの書き込みIO操作のデルタカウント。

データベース.メモリ.クォータ

最大RAMサイズ(バイト)。

データベース.メモリ.使用量

RAMの使用量(バイト)。

データベース・メモリ・ユーティライゼーション

現在使用されているメモリ割当量の割合です。

データベース.mysql.InnodbBufferPoolPagesDirty

現在使用されているメモリ割当量の割合です。

データベース.mysql.InnodbBufferPoolPagesFree

InnoDBバッファプールの未使用ページの数。

データベース.mysql.InnodbBufferPoolPagesTotal

InnoDBバッファプールの総ページ数。

データベース.mysql.InnodbDataFsyncs

InnoDBのfsync()コールのデルタカウント。

データベース.mysql.InnodbOsLogFsyncs

ログファイルへのInnoDB fsync()呼び出しのデルタカウント。

データベース.mysql.InnodbPagesRead

InnoDBのページ読み取りのデルタカウント。

データベース.mysql.InnodbPagesWritten

書き込まれたInnoDBページのデルタカウント。

データベース.mysql.クエリー

サーバーで実行されたステートメントのデルタカウント。

データベース.mysql.質問

クライアントから送られてきたサーバーで実行されたステートメントのデルタカウント。

データベース.mysql.ReceivedBytesCount

MySQLプロセスが受信したバイトのデルタカウント。

データベース.mysql.replication.SecondsBehindMaster

読み込んだレプリカがマスターから遅れている秒数(概算)。

データベース.mysql.replication.SlaveIoRunning

マスターのバイナリログを読むためのI/Oスレッドが実行されているかどうかを示す。可能な値は、 YesNoConnecting です。

データベース.mysql.replication.SlaveSqlRunning

マスターのバイナリログを読むためのI/Oスレッドが実行されているかどうかを示す。可能な値は、 YesNoConnecting です。

データベース.mysql.SentBytesCount

マスターのバイナリログを読むためのI/Oスレッドが実行されているかどうかを示す。可能な値は、 YesNoConnecting です。

データベース・ネットワーク・コネクション

Cloud SQL MySQLインスタンスへの接続数。

database.network.ReceivedBytesCount

ネットワーク経由で受信したバイトのデルタカウント。

database.network.SentBytesCount

ネットワークを介して送信されたバイトのデルタカウント。

データベース.postgresql.NumBackends

Cloud SQL PostgreSQLインスタンスへの接続数。

データベース.postgresql.replication.ReplicaByteLag

レプリケーション・ラグ(バイト単位)。レプリカごとにマスターから報告されます。

データベース.postgresql.TransactionCount

トランザクション数のデルタカウント。

データベース.ステート

クラウド SQL インスタンスの現在のサービス状態。これは以下のいずれかになります。

  • RUNNABLE: インスタンスが実行されている、またはアクセスされたときに実行できる状態にある。
  • SUSPENDED: 課金の問題などで、インスタンスが利用できない状態です。
  • PENDING_CREATE: インスタンスが作成されています。
  • MAINTENANCE: インスタンスはメンテナンスのために停止しています。
  • UNKNOWN_STATE: インスタンスの状態が不明です。

データベース.アップ

サーバーが稼働しているかどうかを示す。オンデマンドインスタンスは、十分な時間、接続が行われなかった場合、スピンダウンします。

database.Uptime

インスタンスが稼働している時間(秒)のデルタカウント。

インベントリデータ

有効期限(EOL)の通知

2022年3月以降は、クラウド統合用のインベントリデータなど、いくつかの機能のサポートを終了します。この移行に向けて簡単に準備できる方法など、詳細については、 Explorers Hubの投稿 をご覧ください。

インベントリデータ GCPのSQLサービスを表示するには、 one.newrelic.com > インフラストラクチャ> インベントリ を検索または選択してください。

gcp/cloudsql/database

名前

説明

label.jp

インスタンスのラベル。

name

インスタンスのIDです(名前ではありません)。

プロジェクト

インスタンスが存在するプロジェクトです。

ゾーン

インスタンスがある地域。

Copyright © 2022 New Relic Inc.