• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Google Cloud Spannerモニタリング統合

New Relic のGoogle Cloud Platform (GCP) との統合には、 Google Cloud Spanner のデータを New Relic に報告する統合があります。このドキュメントでは、GCP Cloud Spanner の統合を有効にする方法と、報告可能なデータについて説明します。

特徴

Google Cloud Spanner サービスは、クラウド用に構築されたグローバルに分散されたリレーショナルデータベースサービスです。 Google Spanner Console を使用して、開発者は Cloud Spanner インスタンスの作成、スキーマの追加、データの書き込みと変更、クエリーの実行を行うことができます。

統合をアクティブ化する

統合を有効にするには、標準的な手順に従って GCP サービスを New Relic に接続してください。

ポーリング頻度

New Relic の統合は、統合に応じて異なるポーリング間隔に従って GCP サービスに問い合わせを行います。Google Cloud Spanner のポーリング間隔は 5 分です。解像度は1分ごとに1データポイントです。

データを見つけて使用する

統合を有効にして数分待つと (ポーリング頻度に基づいて)、New Relic UI にデータが表示されます。ダッシュボードやアラート設定へのリンクを含むデータを見つけて使用するには、 one.newrelic.com > Infrastructure > GCP > (統合を選択)に移動します。

メトリックデータ

NewRelicでのGCPSpanner統合の指標データを表示するには、 GcpSpannerInstanceSample }イベントとGcpSpannerDatabaseSampleイベントおよびそれらに関連する属性のNRQLクエリを作成します。

GcpSpannerInstanceSample

New RelicでGcpSpannerInstanceSampleイベントをクエリして、次の属性のデータを表示します。

属性

説明

instance.cpu.Utilization

プロビジョニングされたCPUの使用率(0~1)。

instance.cpu.utilization_by_priority

プロビジョニングされたCPUの利用率を優先度別に0~1の間で設定します。

instance.cpu.smoothed_utilization

プロビジョニングされたCPUの24時間の平滑化された使用率、0から1の間。

instance.nodes

ノードの総数。

instance.sessions

使用中のセッション数

instance.storage.UsedBytes

使用されるストレージをバイト単位で表示します。

GcpSpannerDatabaseSample

New RelicでGcpSpannerDatabaseSampleイベントをクエリして、次の属性のデータを表示します。

属性

説明

api.ReceivedBytes

Cloud Spannerが受信した非圧縮のリクエストバイト。

api.Requests

クラウドスパナのAPIリクエストの割合。

api.RequestLatencies

データベースに対するサーバーリクエストのレイテンシーの分布。これには、クラウドスパナーのバックエンドとAPIレイヤーにおけるリクエスト処理のレイテンシーが含まれます。クライアントとサーバー間のネットワークやリバースプロキシのオーバーヘッドは含まれません。

api.SentBytes

Cloud Spannerが送信した非圧縮のレスポンスバイト。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.