• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Google Cloud Runモニタリングの統合

New Relic の統合 には、GCP Run のデータを弊社製品に報告するための統合があります。ここでは、この統合を有効にする方法と、どのようなデータを収集するかを説明します。

統合をアクティブ化する

統合を有効にするには、標準的な手順に従って GCP サービスを New Relic に接続してください。

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度とフィルターデータを変更できます。

デフォルト ポーリング GCP Run統合のための情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分

データを見つけて使用する

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > Infrastructure > GCPに移動し、統合を選択します。

データは、以下の イベントタイプ に添付されます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

リビジョン

GcpRunRevisionSample

GcpRunRevision

データの使用方法の詳細については、統合データの理解と使用を参照してください。

メトリックデータ

この統合はRevisionのGCP Runデータを収集します。

リビジョンデータの実行

メトリック

ユニット

説明

container.BillableInstanceTime

リビジョンのすべてのコンテナインスタンスから集約された請求可能時間。指定されたコンテナ・インスタンスでは、コンテナ・インスタンスが起動しているか、少なくとも1つのリクエストが処理されているときに請求可能時間が発生する。請求可能時間は、最も近い100ミリ秒に切り上げられる。例2つのコンテナインスタンスを持つリビジョンが、過去1分間に連続してトラフィックを提供していた場合、デフォルトの"rate" alignerを使用すると、値は2s/sとなります。過去1分間に30msの単一のリクエストをリビジョンが受信した場合、100msに切り上げられ、デフォルトの"rate" alignerで1分間の平均値である1.7ms/sになります。

container.cpu.AllocationTime

リビジョンのコンテナのCPU割り当てを秒単位で表したもの。

container.memory.AllocationTime

その他

リビジョンのコンテナメモリの割り当て(単位:ギガバイト秒)。

Request

Count

リビジョンに到達したリクエストの数。コンテナのインスタンスに到達していないリクエストは除外します(不正なリクエストや、インスタンスの最大数に達した場合など)。

RequestLatencies

ミリ秒

リビジョンに届くリクエストのレイテンシー(ミリ秒)の分布。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.