• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Google Cloud Functionsのモニタリング統合

当社の インフラストラクチャの統合Google Cloud Platform (GCP) には、 Google Cloud Functions のデータを当社製品にレポートするものがあります。このドキュメントでは、GCP Cloud Functions 統合を有効にする方法と、レポート可能なデータについて説明します。

特徴

Google Cloud Functionsは、サーバーレスでコードを実行できるサービスです。開発者は、 Google UI を使用して、特定の機能を実行することを目的とした短いコードを作成することができます。このファンクションは、アプリケーションサーバーやランタイム環境を管理することなく、クラウドのイベントに対応することができます。

統合をアクティブ化する

統合を有効にするには、標準的な手順に従って GCP サービスを New Relic に接続してください。

ポーリング頻度

当社の統合製品は、統合製品によって異なるポーリング間隔に従って、お客様のGCPサービスに問い合わせを行います。

  • GCPクラウド機能のポーリング頻度:5分
  • 分解能:1分ごとに1データポイント

データの表示と使用

統合を有効にしてから数分待つと (ポーリング頻度に基づいて)、UI にデータが表示されます。ダッシュボードやアラート設定へのリンクを含むデータを表示して使用するには、 one.newrelic.com > Infrastructure > GCPに移動し、統合を選択します。

メトリックデータ

Metricデータ お客様のGCP Cloud Functions統合から受け取るデータには、以下が含まれます。

属性

説明

function.Executions

実行された機能の数をステータス別に表示しています。

function.ExecutionTimeNanos

各関数が実行されるまでの時間(単位:ナノ秒)。

function.UserMemoryBytes

各機能に使用されるメモリ(単位:バイト)。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.