• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Google Cloud Firebase Databaseのモニタリング統合

New Relic のインテグレーション には、GCP Firebase Database のデータを弊社製品に報告するためのインテグレーションがあります。ここでは、この統合を有効にする方法と、どのようなデータを収集するのかを説明します。

統合を有効にする

統合を有効にするには、標準的な手順に従って GCP サービスを New Relic Infrastructure に接続します

設定およびポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

GCP Firebase Databaseインテグレーションのデフォルト ポーリング 情報。

  • New Relicのポーリング間隔:5分

データの検索と使用

統合データを探すには、 one.newrelic.com > Infrastructure> GCP にアクセスし、統合を選択します。

データは、以下の イベントタイプ に添付されます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

名前空間

GcpFirebasedatabaseNamespaceSample

GcpFirebasedatabaseNamespace

データの利用方法については、 統合データの理解と利用 を参照してください。

メトリックデータ

この統合は、NamespaceのGCP Firebase Databaseデータを収集します。

Firebase Database Namespace データ

メトリック

ユニット

説明

io.DatabaseLoad(データベースロード

Count

データベース負荷の割合をタイプ別に分類したもの。

io.PersistedBytes

バイト

ディスクに保存されたデータのバイト数。

io.SentRespons

Count

クライアントに送信またはブロードキャストされたレスポンスの数。

io.Utilization

Count

使用されるI/Oの割合。

network.ActiveConnections

Count

未処理の接続数

network.ApiHits

Count

データベースにヒットした数をタイプ別に分類したもの。

network.BroadcastLoad

Count

顧客へのブロードキャストの準備・送信にかかる時間の活用。

network.HttpsRequests

Count

受信したHTTPSリクエストの数。

network.MonthlySent

バイト

総送信バイト数を集計し、毎月リセットする。

network.MonthlySentLimit

バイト

Firebaseデータベースの月間ネットワーク上限値。

network.SentBytes

バイト

暗号化やプロトコルのオーバーヘッドを含む、データベースが使用する送信帯域幅。

network.SentPayloadAndProtocolBytes

バイト

暗号化のオーバーヘッドを除いた発信帯域幅の使用量です。

network.SentPayloadBytes

バイト

暗号化やプロトコルを使用しない送信帯域の使用量。

ルール.評価

Count

書き込みと読み込みのリクエストに応じて実行されたFirebase Realtime Database Security Ruleの評価数。

ストレージ・リミット

バイト

Firebaseデータベースのストレージの上限です。

storage.TotalBytes

バイト

Firebaseデータベースのストレージのサイズです。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。