• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Google App Engineモニタリングの統合

New Relicは、統合を提供して、 Google App Engine サービスを使用して、New RelicUIでデータを表示できるようにします。

(Google App Engineサービスを監視する方法ではなく)APMを使用してGoogle App Engine環境に存在するアプリケーションを監視する方法の詳細については、「GoogleAppEngine環境」を参照してください。

Google App Engineインテグレーションの特徴

Google App Engine の統合を利用して、New Relic で Google App Engine サービスのチャートを表示したり、アラートを設定したり、 カスタム クエリやチャートを作成することができます 。Google App Engine は Google Cloud Platform のサービスで、モバイルやウェブアプリケーションの基盤となるインフラを抽象化し、開発に集中できるようにします。

  • Google App Engine Standard環境 は、事前に設定されたランタイムのセットを提供し、完全に管理された高速なスケーリングを必要とするアプリケーションに適しています。
  • Google App Engine Flexible環境 は、Dockerコンテナ内でアプリケーションを実行し、設定可能で段階的なスケーリングを必要とするアプリケーションに適しています。

統合をアクティブ化する

統合を有効にするには、標準的な手順に従って GCP サービスを New Relic に接続してください。

ポーリング頻度

New Relic は、5 分間のポーリング間隔に基づいて、Google App Engine サービスに問い合わせます。解像度は1分ごとに1データポイントです。

データを見つけて使用する

Google App Engine インテグレーションを New Relic に接続し、数分( ポーリング頻度に基づく )待つと、 インテグレーションデータ を見つけて使用することができます。

Google App Engineの統合データを見る

ここで...

ダッシュボードと アラート

one.newrelic.com > Infrastructure > GCP > Google App Engineに移動します。

メトリクスデータ カスタムダッシュボード上の

GcpAppEngineServiceSample }イベントとGcpCloudTasksQueueSampleイベントを使用してカスタムクエリとグラフを作成します。

メトリックデータ

NewRelicでのGoogleAppEngine統合の指標データを表示するには、 GcpAppEngineServiceSample }イベントとGcpCloudTasksQueueSampleイベントおよびそれらに関連する属性のNRQLクエリを作成します。

重要

アプリケーションが 標準環境で動作しているか、フレキシブル環境で動作しているかによって、利用できる測定基準が異なります。 そのため、一部の測定基準はアプリケーションで利用できない場合があります。

GcpAppEngineServiceSample

New RelicでGcpAppEngineServiceSampleイベントをクエリして、次の属性のデータを表示します。

属性

説明

flex.Cpu.ReservedCores

App Engineのフレキシブル環境バージョンに割り当てられているCPUコアの総数です。

flex.Cpu.Utilization

App Engineのフレキシブル環境のバージョン全体で使用されている、割り当てられたCPUの割合です。

flex.Disk.ReadBytes

App Engineのフレキシブル環境のバージョン間で、ディスクから読み込まれたバイトのデルタカウント。

flex.Disk.WriteBytes

App Engineのフレキシブル環境のバージョン間で、ディスクから書き込まれたバイトのデルタカウント。

flex.Disk.ReceivedBytes

App Engineフレキシブル環境のバージョンの全VMにおける受信ネットワークバイトのデルタカウント。

flex.Disk.SentBytes

App Engineフレキシブル環境のバージョンの全VMにおける発信ネットワークバイトのデルタカウント。

server.DosIntercepts

DoS攻撃を防ぐために実行されるインターセプトのデルタカウント。

server.QuotaDenials

アプリがクオータを超えたために失敗したリクエストのデルタカウントです。

server.Responses

Delta HTTPレスポンスカウント。

server.ResponseLatenciesMilliseconds

HTTPレスポンスレイテンシー(単位:ミリ秒)。

server.ResponseStyle

デルタは、HTTPサーブスタイルでカウントします。

memcache.CentiMcu

Memcacheの使用率(Memcache Compute Unitの1/100単位)。

memcache.Operations

memcacheのキー操作の回数。

memcache.ReceivedBytes

appがmemcache APIから受け取ったバイト数です。

memcache.SentBytes

アプリが memcache API を通して送信したバイト数です。

system.cpu.Usage

CPU使用率(メガサイクル)。

system.Instances

存在するインスタンスの数。

system.Memory.UsageBytes

実行中のインスタンスが使用する総メモリ量。

system.Network.ReceivedBytes

受信したネットワーク帯域幅のデルタカウント。

system.Network.SentBytes

発信するネットワーク帯域幅のデルタカウント。

GcpCloudTasksQueueSample

New RelicでGcpCloudTasksQueueSampleイベントをクエリして、次の属性のデータを表示します。

属性

説明

api.Requests

クラウドタスクのAPIコールの回数。

queue.TaskAttempts

タスクの試行回数をレスポンスコード別に集計したもの。

queue.taskAttemptDelaysMilliseconds

スケジュールされた各試行時間と実際の試行時間の間の遅延。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.