• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

トレースAPIの紹介

弊社の Trace API は、 分散型トレースデータ を New Relic に送信するために使用されます。弊社独自の汎用フォーマットまたは Zipkin データフォーマットのいずれかです。この API は、いくつかのインテグレーションやエクスポーターからのトレースデータを New Relic に報告するためのものでもあります。

Trace API を試してみませんか? New Relic の無料アカウントを作成していることを確認してください 。クレジットカードは必要ありません。

入門的な内容を飛ばしてすぐに始めたい場合は、 Start reporting data にアクセスしてください。

Trace APIとは何ですか?

Trace API は、New Relic が 分散型トレーシングデータ を収集する方法のひとつです。この API を介してデータを報告するトレースツールがいくつかあります (Infinite Tracing 、当社の オープンソース統合 、当社の Telemetry SDK)。また、この API を直接使用して独自のトレース実装を行うこともできます。

トレースAPIを使用する理由

  • 独自のカスタム分散型トレースツールを使用しており、インスツルメンテーションを変更せずにNew Relicでそのデータを確認したい。
  • トレースデータを出力するツールがありますが、トレースを保存するためのバックエンドが必要です。
  • 当社の インストール済みソリューション を使用せずに、分散したトレースデータを New Relic に報告したい。
  • Zipkin を使用しており、インスツルメンテーションを変更せずに New Relic でそのトレースデータを確認したい。

トレースデータが他の New Relic データとどのように関連しているかを理解したいと思いますか? 当社のデータタイプ についてお読みください。

要件

送信可能なデータとその処理方法の詳細については、 Rules and limits を参照してください。

サンプリングに関する考察

Trace API を使用する際には、 Infinite Tracing を有効にするオプションがあります。Infinite Tracing を使用するかどうかは、サンプリングの設定方法に影響します。

  • Use your own sampling (no Infinite Tracing): Infinite Tracing を使用しない場合、独自のサンプリング実装を使用して、弊社に送信される前にトレースをサンプリングすることが想定されます。(お客様のトレースデータが データ制限 を超える場合は、サンプリングを実施します。)
  • Use Infinite Tracing: Infinite Tracing を使用したい場合、一般的なアプローチは、トレースデータを 100% 送って Infinite Tracing sampling に頼ることです。(以下の Start reporting data の手順を実行すると、Infinite Tracing を有効にするオプションがあります)。

データ報告の開始

トレースAPIは、この2つのJSON形式でトレースデータを受け付けます。

データがレポートに反映されないという問題がありますか? トラブルシューティング をご覧ください。

データを探す

Trace API を介して送信されたデータ、またはこの API を使用する統合機能から送信されたデータは、これらの場所で見つけることができます。

次のステップ

ここでは、さらにいくつかのステップをご紹介します。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.