• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Trace APIです。スパンを属性で飾る

このドキュメントでは、 Trace API に送信されるトレースデータに属性を追加し、スパンが UI に特定のプロパティを表示する方法について説明します。

なぜスパンを飾るのか?

Trace API にデータを送信すると、スパンにカスタム属性を追加できます。たとえば、トレース データの分析に役立つように、 customer.iduser.idなどの属性を追加することを決定する場合があります。

一部の予期される属性値により、分散トレース UI に特定の トレース プロパティと詳細が表示されます。たとえば、スパンにerror.プレフィックスを持つ属性がある場合、UI はそのスパンをエラーとともに表示します。別の例として、 db.プレフィックスを持つ属性を持つスパンは、UI でデータストア スパンとして表示され、そのデータストア クエリが強調表示されます。

スパンを装飾して、UIの特定のプロパティを表示することができます。

  • トレースデータの 構造の理解を深める
  • より簡単にトラブルシューティングができるようになりました。

属性でスパンを装飾する方法

このテーブルでは、Trace API に送信されたスパンを、UI の特定のプロパティで表示させる方法を説明します。プロパティの説明については、 span properties を参照してください。

希望するスパンのプロパティ

UIインジケータ

プロパティの追加方法

エラー

error.プレフィックスを持つ属性を使用してください。例: error.message .

外部の

http.プレフィックスを持つ属性を使用してください。例: http.method 。別のエンティティからの子がある場合、スパンは外部としても表示されます。外部サービス ページにインデックスを付けるには、 http.urlまたはnet.peer.nameを指定する必要があります。

データストア

db.プレフィックスを持つ属性を使用してください。例: db.statement .

サービス

これは、属性ではできません。スパンは、それがルートスパンであるか、またはその親が異なるエンティティのものである場合、サービススパンとして分類されます。スパンに複数のプロパティがある場合、UIではサービススパンの分類が優先されます。

インプロセス

これは、属性ではできません。スパンは、サービススパン、データストアスパン、または外部スパンとして分類されていない場合、処理中として分類されます。

これらのスパンのプロパティがどのように決定され、保存されるかについては、 Trace structure を参照してください。

属性を追加するためのヒント

  • スパンには任意の属性を追加できます。たとえば、 customer.idのような属性を追加して、特定の顧客を含むトレースをグローバルに検索できるようにすることができます。
  • スパンは複数のカテゴリに属することができます。たとえば、 externaldatastoreよりも一般的なカテゴリであるため、スパンがexternaldatastoreの両方に分類される場合、UI でデータストア スパンとして示されます。

JSONの例

ここでは、属性を使ってスパンのプロパティを設定する方法を示すJSONの例を紹介します。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.