• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ディストリビューティッド(分散)トレーシング:プランニングガイド

多くの製品では分散トレースがデフォルトで有効になっていますが、これを大規模な分散システムに展開する予定がある場合は、以下の計画手順を確認することをお勧めします。

また、古いバージョンの APM エージェントを使用しており、分散トレースを使用していない場合は、分散トレースをロールアウトする前に、APM 機能への影響を確認することをお勧めします。

段階的な展開の計画

大規模な分散システムで分散トレースを有効にする場合は、次のヒントを参考にしてください。

  • 現在 APM を使用している場合は、「 APM 機能への影響」を参照してください。

  • ビジネスにとって最も重要なリクエスト、または分析とトラブルシューティングが必要となる可能性の高いリクエストについて検討し、こうしたサービスについてディストリビューティッド(分散)トレーシングを有効にしましょう。サービスのトレーシングをほぼ同時に有効にすれば、エンドツーエンドのトレースの完全性をより簡単に評価することができます。

  • ディストリビューティッド(分散)トレーシングのUIですべてのトレースを見ると、他のサービスへの外部呼び出しについて、トレースでのスパンが表示されます。その後、希望するサービスについて、ディストリビューティッド(分散)トレーシングを有効にできます。サービスがほぼスタンドアロンで、他のサービスと連携して頻繁に使用されない場合、ディストリビューティッド(分散)トレーシングを有効にする必要はありません。

    こうした段階的な展開を図示すると次のようになります:

  • 大規模なモノリシック サービスに APM を使用している場合、トレースごとに多数のサブプロセス スパンが存在する可能性があり、 APM の制限によってトレースが予想よりも少なくなる可能性があります。これは、APM エージェント インスツルメンテーションを使用して重要でないデータのレポートを無効にすることで解決できます。

  • 分散トレースは、リクエスト パス内のサービスからサービスへとヘッダー情報を伝達することによって機能します。一部のサービスは、ヘッダーを自動的に伝播しないプロキシまたはその他の仲介サービスを介して通信する場合があります。その場合、 newrelicヘッダー値がソースから宛先に伝搬されるようにプロキシを構成する必要があります。

APM機能への影響

ディストリビューティッド(分散)トレーシングにより、 APMの以前のクロスアプリケーショントレース機能が改善しています。主なメリットは次のとおりです:

  • より多くのクロスサービスアクティビティの詳細と完全なエンドツーエンドトレースを表示します。
  • クエリのトレースを絞り込み、カスタムチャートを作成します。
  • コールが組織のアカウントの境界を越えていても、完全なトレースを確認できます。
  • その他の機能については、ディストリビューティッド(分散)トレーシングの機能を参照してください。

ディストリビューティッド(分散)トレーシングを有効にすると、現在使用している一部のAPM機能に影響を与える場合があります。これらの変更は、ディストリビューティッド(分散)トレーシングが有効になっているエージェントによる監視対象アプリケーションにのみ影響を与えます。アカウントレベルでの影響はありません。

当社は、将来のリリースで影響を受ける機能の一部または全部に対して下位互換性を提供する可能性があります。それまでの間、ディストリビューティッド(分散)トレーシングを有効にする前に、以下の変更点について理解する必要があります。

ディストリビューティッド(分散)トレーシングの有効化

APM機能への影響を認識し、ロールアウトについて考えたならば、分散型トレースを設定する準備ができています。 セットアップオプション をご覧ください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.